日本最大級の自転車通販サイト サイクルベースあさひ

メンテナンスマニュアル

アヘッドステムの高さを変えてみよう!

アヘッドタイプのステムでハンドルの位置を変える方法をご紹介します
クロスバイクやロードバイクに初めて乗ったときはハンドルが遠く、サドルが高くてお尻が痛い!
と感じます。

よく、お店でお客様からハンドルを近くにして、サドルは下げて、柔らかいものに交換したい
と相談をいただくことがあります。

しかし、それではスポーツ車の特性を活かして長距離を走るには、かえって逆効果になってしまいます。
腰や首を痛めていて前傾姿勢が辛いなどの理由でなければ、徐々に乗り慣れてスポーツ車らしいポジションに近づけていくことが理想です。


ではどうしたら良いか……
サドルを高く、ハンドルを低くして体重を上手に配分すること。

サドルにどっしりと座るのではなく、ハンドルに体重を分散し、さらにペダルの上に重心を持ってくることで
お尻への負荷は少なくなり、ペダルへの力も入れやすくなり、姿勢が安定して操縦もしやすくなります!!

お尻が痛いときは、試しにハンドルを低くしてみましょう!

必要な工具は、六角の頭のネジを回すためのアーレンキーです。
スポーツ車には多くの六角のボルトが使用されていますので、各サイズのものを揃えておきましょう。
折り畳み式の携帯タイプは持ち運びに便利で、必要なサイズがだいたい含まれています。
L字型のアーレンキーはネジが回しやすく、丈夫なので、まず揃えるにはこちらがおすすめです。
工具の使用に慣れていない方、とくに自己流の方は、トルクレンチも用意しましょう。

締め付けすぎると破損する恐れがあります。とくにカーボン製の場合はトルクレンチをご使用ください。

アヘッドステムの高さを変えてみよう!

おすすめのトルクレンチはこちら

作業の手順

  • ハンドルクランプボルトを緩め、クランプキャップを外す
  • トップキャップを外す
  • コラムクランプのボルトを緩め、ステムを抜く
  • ステムをひっくり返す、またはスペーサーの位置を入れ替える
  • この項と同様の手順で、アヘッドステムの交換も可能です。

アヘッドステムの仕組み

アヘッドステムタイプでは、フロントフォークから伸びるコラム部分にコラムスペーサーとステムが取り付けられています。

コラム内部には雌ネジが設けられており、ステムの上部からステムキャップと雄ネジで締め付けることで
フロントフォークの上下方向の締め付けを適正に調整する構造になっています。
トップキャップボルトが緩いとフォークにはガタが生じ、締め付けすぎるとハンドルを切るときに抵抗が増します。

ステムを取り外し、ひっくり返したりスペーサーの位置を入れ替えることで高さの調整ができます。

アヘッドステムの高さを変えてみよう!



ハンドルクランプボルトを緩め、クランプキャップを外す

  • ハンドルクランプ側のボルトを緩めます。
クランプキャップを取り外したあと、ハンドルはブレーキ等のワイヤーで宙吊りになります。
戻すときにワイヤーの通り方を間違えやすいので、外す前の状態をデジカメなどで撮影しておきましょう。

アヘッドステムの高さを変えてみよう!



トップキャップを外す

  • トップキャップのボルトを緩めます。
トップキャップを外すと、中に雌ネジが見えます。この画像は「スターファングルナット」が打ち付けられています

アヘッドステムの高さを変えてみよう!



コラムクランプのボルトを緩め、ステムを抜く。

  • ステムの横側のボルトを緩めます
  • ある程度緩めて上方向に力を入れて引っ張ると抜けます。(締め付けによって変形していますので少々固い場合があります)

    アヘッドステムの高さを変えてみよう!



    ステムをひっくり返す、またはスペーサーの位置を入れ替える。

    • コラムスペーサーとステムの位置を入れ替えてみましょう。
    ステムをひっくり返して角度を変えてみるのもアリです。

    アヘッドステムの高さを変えてみよう!



    ステムを戻す

    ステムを戻すときは、各部の位置合わせをするため、仮止めの状態で組んでいきます。

    • ステムのコラム側、トップキャップを仮止めします。
    • ハンドルを取り付け、角度を調整して固定します。
    • トップキャップのボルトの締め付け調整により、「ハンドルのガタ」を取り除きます。
    • ハンドルのセンターを調整し、コラムクランプ部のネジを締め付けて固定します。

    ハンドルの位置が変わることによって、ワイヤーの取り回しに無理が出る場合があります。
    ポジションが定まったら、あらためてワイヤーの長さも調整しましょう。

    ステムのコラム側とトップキャップを仮止めします。

    • ステムが軽い力では動かない程度に、コラム部ネジを仮止めします。
    トップキャップはネジがある程度緩い状態で取付しておきます。

    アヘッドステムの高さを変えてみよう!



    ハンドルを取り付け、角度を調整して固定します。

    • コラムを仮止めした状態で、ハンドルをしっかりと角度を決めて組み付けます。
    ワイヤーの取り回し、ハンドルの角度が元の状態と同じになるようにしましょう。
    ハンドルクランプのネジは各部が均等になるよう、順番に少しずつ締め付けていきます。
    上下左右の隙間が均等な状態を目安に、同じ力で同じ角度ずつ(30度程度)を回していきます。
    軽い力で少しずつ締め付けていって、それ以上締め付けるとネジが変形していますような抵抗を感じるあたりで止めましょう。
    (トルクレンチで規定トルクに達しているか確認しましょう。)

    アヘッドステムの高さを変えてみよう!



    トップキャップのボルトの締め付け調整により、「ハンドルのガタ」を取り除きます。

    • アヘッドステムの取り付け調整の大きなポイントです。
    アヘッドステムは、コラムクランプ部のネジによって固定されていますが、
    ベアリングのガタの調整についてはステムキャップのネジの締め付けによって行われています。

    コラム仮止め→トップキャップボルトで調整→ハンドルのセンター位置決め→コラム本締めの順番で作業を行います。

    • 自転車に跨った状態でトップキャップボルトを締め付けていき、抵抗が出たあたりから45度程度、増し締めをします。
    • ブレーキを握り、ハンドルを90度切った状態で、ステムの首の下あたりを握って、前後にゆすり、ガタの状態を確認します。
    • ガタがあった場合、同様の作業を繰り返します。
    • ガタがなくなったら、前輪を浮かせてハンドルを左右に切り、抵抗がないことを確認します。
    • もし抵抗があった場合には、トップキャップのボルトを少し戻して、再び調整と確認の作業を繰り返します。
    • アヘッドステムの高さを変えてみよう!



      ハンドルのセンターを調整し、コラムクランプ部のネジを締め付けて固定します。

      • 車輪に対してハンドルがまっすぐになるように調整します。
      真上から見て、車輪の軸とハンドルのトップ部分がまっすぐになるように調整します。
      (コラムは仮止めの状態なので、ガタの調整後でも左右に動かすことができます)

      調整後、コラム部のネジを締めます。
      ここでも、ハンドルクランプ部と同じように、隙間が均等な状態を目安にして、同じ力で同じ角度ずつ(30度程度)を回していきます。
      軽い力で少しずつ締め付けていって、それ以上締め付けるとネジが変形していますような抵抗を感じるあたりで止めましょう。
      (トルクレンチで規定トルクに達しているか確認しましょう。)

      アヘッドステムの高さを変えてみよう!



      最後に安全点検をしましょう。

      • 自転車の正面に立って、前輪を両足ではさみ、ハンドルを切る方向に力をかけてコラム部の固定を確認します。
      • ハンドルのレバー等に真上から力をかけ、ハンドル部の固定を確認します。

      アヘッドステムの高さを変えてみよう!





      ステム交換の時の落とし穴

      ステムを交換する理由は概ねこの二つでしょう。

      • ポジション変更の為。
      • かっこいいから、軽量化。

      ステム(アヘッド)交換に必要な知識は2つ、


      • フォークコラムのサイズ(ノーマルサイズかオーバーサイズか)
      • バークランプ径のサイズ(MTBなら25.4mmか31.8mm、ロードなら26.0mmか31.8mm)

      だけだと思ったら大間違い。大抵のステムメーカーではいちいちその数値を公表しておりませんが、もう一つ重要なサイズがあります。

      それが「ステムハイト」

      ステムハイトが小さいステムに交換すると、左の画像「壱」のように、ステム上面よりフォークコラムのほうが長くなってしまい、ヘッド調整を行うことができなくなってしまいます。

      ステム交換 メンテナンスマニュアル

      画像「弐」をご覧ください。
      左が交換前のステム。ステムハイトが55mmもあります。
      右が交換しようとするステム。ステムハイトは40mmです。

      つまりその差が15mm。ということは15ミリのコラムスペーサーを追加しなければ、このステムに交換することができません。

      ステム交換 メンテナンスマニュアル

      写真「参」のように、コラムスペーサーを追加してください。例えば現在5mmのコラムスペーサーが1個入っていたとする と、それを20mmのコラムスペーサーに交換するという方法でも全く問題ありません。画像参で映っているのは5mmのコラムスペーサーが2枚。もう1枚 5mmが必要です。

      またコラムスペーサーには「ノーマルサイズ用」と「オーバーサイズ用」とありますが、規格で決まっているのは「内径」のみです。「外 形」はメーカーやモデルによって異なりますので、同じもので統一しないと見た目が美しくありません。

      また、大抵のコラムスペーサーはチューブを輪切りして作っていますが、その場合「製品誤差」が出やすくなります。1枚単位ではその誤差がわずかでも、複数 枚組み合わせることによって無視できないほどの誤差となり、ヘッドパーツへの圧力が均一ではなくなり、ガタが出やすくなってしまいます。
      ヒラメの「CNCコラムスペーサー」の場 合、1枚ずつCNC加工して作られていますので、製品誤差が無いというのが特徴です。これならたとえ何十枚と積み上げても、ガタは出ません。
      でもまぁ、普通のコラムスペーサーでも3~4枚程度であればほとんど気にする必要も無いとは思いますが。

      ステム交換 メンテナンスマニュアル

      最後(画像四)に、ステムの上面とフォークコラムの上面の差がこのくらいになるように、コラムスペーサーで調整してください。

      ヘッドパーツって、ハブやBBの回転部分のように高速回転はしませんが、自転車に乗っている間は必ず動いています。ためしにハンドルロックができる軽快車 で、ハンドルを固定した状態で乗ってみてください。1メートルだって進めませんよ。(試してみる場合は、安全なところで自己責任でチャレンジしてみてください)

      ちなみにこのステムハイト、40~43mm位に収まるものが最も多いようです。繰り返しますが、

      「ステムハイトはステムメーカーのスペックに明記さ れていない(つまり当店でも分からない)」ことがほとんどです。

      自分に合うポジションを日々追求するという意味で、コラムスペーサーは余分目にもっておくことをオススメします。

      ステム交換 メンテナンスマニュアル



      関連ページ


      関連動画 アヘッドのガタ修正