日本最大級の自転車通販サイト サイクルベースあさひ

メンテナンスマニュアル

空気の入れ方 フレンチバルブ

空気の入れ方 フレンチバルブ メンテナンスマニュアル

ロードバイクの場合、走り始める前に毎回確認しましょう。

空気の入れ方(フレンチバルブ)をご紹介します。






主にロードバイクと中級グレード以上のマウンテンバイク・クロスバイクに使われています。

ロードバイクの場合、7気圧前後、マウンテンバイクの場合3気圧前後、クロスバイクの場合5気圧前後が目安となりますが、正確にはタイヤによって細かく変わりますので、必ずタイヤの横に書かれている指定空気圧をご確認の上、空気を入れてください。


特に高圧のロードバイクの場合、おいておくだけでも1週間ほどで0.5から1気圧ほどは自然と空気が抜けます。

走り始める前には、「空気を入れる」 を習慣付けましょう。それが 「パンク」 を事前に防ぐためにできる最善の方法です。




空気圧管理

スポーツバイクに乗るということは、空気圧を空気圧計で管理することでもあります。
空気圧が低いと、パンクの可能性が高まります。

空気を入れる場合は、ポンプに付属の空気圧メーターなどで、適正空気圧を保ってください。ただし、空気圧計は計測器なため、個体によって多少の誤差があります。常に同じ空気圧計を基準にするのがお勧めです。

空気の入れ方 フレンチバルブ メンテナンスマニュアル

適正空気圧は、必ず「タイヤのサイド」 に、

  • 「最低空気圧 min」
  • 「最高空気圧 max」
のように書かれています。体重が軽い(60キロ以下)の方の場合、「最低空気圧 min」 もしくは、「最低空気圧 min以下」でもかまいませんが、体重の重いライダーでも、「最高空気圧 max」 を超えないようにご注意ください。

空気の入れ方 フレンチバルブ メンテナンスマニュアル


空気圧の単位
  • kPa : キロパスカル
  • PSI : ピーエスアイ
  • BAR : バール
    1bar=100kPa
    1bar=14.2PSI
bar 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
psi 15 29 44 58 73 87 102 116 131 145
気圧 0.99 1.97 2.96 3.95 4.94 5.92 6.91 7.90 8.88 9.87


関連ページ