日本最大級の自転車通販サイト サイクルベースあさひ

メンテナンスマニュアル

BB30の取り外し

キャノンデール社の打ち出した「BB30」規格。まるでヘッドパーツのようにベアリングアダプターを直接フレームに圧入しており、取り外し方は下記のとおりとなります。ここではパークツールのBBT-30.3 BBベアリングツールセットを使用しております。※シマノ プレスフィットBBの取り付け、取り外しはコチラ

1.左側のクランクアームを取り外します

一般的には左側のクランク固定ボルトがワンキーリリースタイプになっていますので、指定の六角レンチを使用して、クランクアームを取り外します。製品によっては、2本のクランクアーム固定ボルトを使用しているものもありますので、それらの取り外し方法はクランクメーカーの指示に従ってください。シマノホローテック2タイプのクランク取り外し方

2.右側のクランクアームを取り外します

ほとんどのBB30のクランクシステムはクランク軸と右側のクランクアームが一体化されております。プラスティックハンマーなどで、クランク軸にショックを与えると、反対側のクランクアームがクランク軸ごと引き出すことができます。
クランク軸をボトムブラケット部から引き出します。

3.片側のベアリングを取り外します。

ベアリングが装着された状態では見えにくいかもしれませんが、ボトムブラケット内部とベアリングの位置決めをしているベアリングストップ(スナップリング)を確認します。

上の写真の用にスナップリングの耳に工具が当たらないように注意します。 片方のベアリング(左右どちらからでもOKです)の穴にリムーバーを斜めにしながら通し、反対側のベアリングの内側に、リムーバーを合わせます。

リムーバーに付属しているプラスチック製のガイドブッシング(青色)をベアリングに挿入します。

ガイドブッシングによりベアリングに対して垂直にリムーバーを当てることができ、ベアリングを真っすぐに押し出すことを可能にします。

フレームをしっかり保持した状態でハンマーを使い、写真のようにリムーバーのエンドを叩き、ベアリングを押し出します。

一般的に正しくベアリングが装着されていれば、大きな力で叩くことはありません。力加減を注意しながら作業を行ってください。
軽い力で押し出すことが出来ない場合はリムーバーを回転させ、位置を変えながら少しずつ押し出します。
どうしても外れない場合はベアリングが歪んで挿入されている場合がありますので、後で述べる圧入方法で、正しい位置になるように装着してから、取り外す作業を行ってください。
※注意:取り外したベアリングが飛び出していかないように注意しながら作業を行ってください。袋状のものでベアリングを受けるようにすると防ぐことができます。

4.もう一方のベアリングを取り外します。

取り外したベアリングの方からリムーバーを挿入し、ガイドブッシングをボトムブラケットシェルに挿入します。

最初に取り外したベアリングと同様に力加減に注意しながらハンマーを使い、もう一方のベアリングを押し出します。

BB30の取り付け方

パークツールのBBT-30.3 BBベアリングツールセットに付属する専用うブッシュをパークツールHHP-3、もしくはHHP-2に通し、下図のようにゆっくりと圧入します。

関連ページ