日本最大級の自転車通販サイト サイクルベースあさひ

メンテナンスマニュアル

ボトルケージとボルト

ボトルケージの取り付け方ボトルケージの取り付け方

取り付けボルトは、フレームに付いているものをそのまま使っても、ボトルケージ購入時に付属しているものを使ってもどちらでも構いません。ただしボトルケージにボルトが付いているものと、付いていないものがあります。一部のボトルケージの場合、付属しているボルトでないと取り付けできない場合があります。
ボルトは、アーレンキーという工具を使用して取り外し、取り付けします。サイズは、3mm、4mm、5mmのいずれかです

ボトルケージの取り付け方

ボトルケージの取り付け方ボトルケージの取り付け方ボトルケージの取り付け方

一般的なスポーツバイクの場合、ボトルケージ取り付け台座が 2箇所 あります。

ボトルケージを一つだけ取り付ける場合は、前側(ダウンチューブ)に取り付けるのが一般的です。

ボルトのネジ山は綺麗にして、グリスを添付しましょう。万が一錆びて固着してしまい、外せなくなる場合があります。


ボトルケージの取り付け方ボトルケージの取り付け方ボトルケージの取り付け方

使用する工具について。複数のアーレンキーとドライバーやチェーンカッターが一体になった携帯工具の場合、ボトルケージ本体が邪魔になり、ボルトが回しにくいことが多々あります。1本づつバラバラになったアーレンキーで作業するのがおすすめです。さらに、長い方が 「ボールポイント」 タイプになっていると、最初のうちは多少ナナメからでもボルトを回すことができ、大変便利です。

ボトルケージの取り付け方ボトルケージの取り付け方ボトルケージの取り付け方

指で仮止めしてから、L字のアーレンキーで最初は長い方を使用し上下のボルトを均等に入れていきます。
その後、短い方でボルトを回して本締めします。

ボトルケージの取り付け方ボトルケージの取り付け方ボトルケージの取り付け方

シートチューブ側も同じように取付けます。あまり長いアーレンキーでは、ダウンチューブ側に取付けたボトルケージに当たってしまうので、短めの方が使いやすい場合もあります。

ボトルケージの取り付け方ボトルケージの取り付け方ボトルケージの取り付け方

関連ページ