日本最大級の自転車通販サイト サイクルベースあさひ

メンテナンスマニュアル

ドロップハンドル用補助レバーの取り付け方法

補助ブレーキレバーの取り付け メンテナンスマニュアル

入門クラスのロードレーサーや、シングルスピードバイクについていることの多くなった、ドロップハンドル用補助レバー をご紹介します。

簡単そうで、実際に取り付けてみると結構難しいのが 補助ブレーキレバー の取り付け方。

完成車に取り付ける場合は、新しい ブレーキワイヤーセットバーテープ が必要になります。


取付1

補助ブレーキレバーの取り付け メンテナンスマニュアル

補助ブレーキレバーアーレンキー でハンドルに取り付けます。左右の位置は、ハンドルのセンター部分から5-6cmのと ころで少し細くなっていますので、その際(きわ)です。ハンドル幅が380(芯-芯)mmでも問題なく取り付けられますので、ご安心を。

角度は上図くらいが標準的です。もしくは、自然にハンドルのフラット部分(ハンドルの一番手前側)を握っているときの「腕の角度」の延長線上にするのが、 ベストポジションです。


取付2

補助ブレーキレバーの取り付け メンテナンスマニュアル

STIレバーから出たブレーキワイヤーが、この補助レバーの中を通過します。ブレーキアウターは、

  • 「STIレバーから補助レバーまで」
    と、
  • 「補助レバーからブレーキまで」
に分割されます。

ここでのポイントは、「STIレバーから補助レバー」までのアウターの長さ です。上図のように余裕(あそび)がまったくありません。 ピッタシの長さでないと、アウターの位置が思うように決まりません。

また、実際にバーテープを巻くと、ブレーキアウターはハンドルに押し付けられますので、きっちりハンドルに押し付けた状態での長さで計ってください。

調整の最後のほうは、ブレーキアウターを数ミリ単位でカットすることになります。


取付3

補助ブレーキレバーの取り付け メンテナンスマニュアル

補助ブレーキレバーといっても、普通のブレーキレバーのようにレバー間隔の調整ができます。モデルによって異なるかもしれませんが、通常この位置に2mm のアーレンキーサイズの 「いもネジ」 があります。これを右に回すと間隔が狭くなりますので、手の小さい方はお試しください。

最後にバーテープを巻けば出来上がりです。バーテープを巻くときは、補助レバーがあるからといって特別に注意する必要はありませんので、こちらのマニュアル(バーテープの巻き方)を ご覧になって、きれいに、緩んでこないように巻いてください。

関連ページ