日本最大級の自転車通販サイト サイクルベースあさひ

メンテナンスマニュアル

チェーン切りは、こんな感じで壊れる事があります。

自転車のメンテナンスをしていくと、使うようになるのが、チェーンカッター

カッター とは言っても、刃でチェーンを切る わけではなく、

チェーンの回転軸にある、ピンをプレートから外す事

特別な力で圧入されていて、手では外せないし、ネジでもありませんから、チェーンカッターなる工具で「カットする」わけです。


そのピンを外したり、取り付けたりする際に、よーく見ておかないと、工具を壊してしまう事があります。


例えば、

チェーン切り メンテナンスマニュアル


とか。

何か 足りない  ですよね?

カットやコネクトの際に、チェーンを固定しておくプレートが無い ですね。
折れてしまっています。

プレートが折れてしまったら、工具を新しくしないといけませんね。

他に、

チェーン切り メンテナンスマニュアル


とか。 これは、ピンを押し込む「矢」が折れてしまっています。

この場合は、メーカーによってはアフターパーツが用意されている事もあります。


では、何故このような事が起きるのでしょうか?


チェーンのカット、コネクト、 いずれも作業としては比較的せまっくるしい、見えにくい位置で行います。

確実に見えてないでこの工具を使用すると、やりやすいのが以下の使い方。

チェーン切り メンテナンスマニュアル


斜めに使用して、ガイドプレートにはまっていないまま矢を押し込んだり、

チェーン切り メンテナンスマニュアル


ぱっと見、真っ直ぐに見えますが、これも、ガイドプレートにははまっていません。
赤丸のように、ピンから外れた位置に矢があって、まともにはピンを押し込めません。

チェーン切り メンテナンスマニュアル


このように、正しい位置にチェーンがないと、矢が斜めになったり、プレートを斜めに押したりして、最初の2つの画像のように、矢が折れたり、プレートが折れたりします。

だいたい、作業していて無意識にやってしまっている事が多いので、きちんとセットされているかどうか確認して使用しましょう。

チェーン切り メンテナンスマニュアル


ガイドプレートにチェーンをはめて、矢がピンのど真ん中に真っ直ぐ当たっているかを確認したら、矢を押し込んでいきます。

使用例のチェーンカッターは廃盤です。現行モデルは こちらです。



関連ページ