日本最大級の自転車通販サイト サイクルベースあさひ

メンテナンスマニュアル

ハブのグリスアップ

シマノのハブなどで、カップ&コーンタイプのボールと球押しを使用したハブは定期的にグリスアップが必要です。

ハブの構造

ハブのグリスアップハブのグリスアップ


左上の画像は、フリーハブ(後輪)です。右側がフリーボディと呼ばれるスプロケットを取り付ける部分。フリーハブの場合は、スプロケットを取り外してからグリスアップを行っていきます。
右上の画像が、フリーハブをばらしたイメージ画像。
本体、軸(5番)、ボール(4番)、球押し(6番の右側と3番の左側)、ロックナット(6番の左側と3番の右側)が主な構成物になります。

ハブのグリスアップハブのグリスアップ

カップ&コーン式のハブのグリスアップは、グリスを充填した後にハブスパナを使用して球あたりを調整します。 左上の画像の水色で塗った部分に球がちょうどよく転がる事でスムーズな回転と共に、ガタの出ない強度的にも優れた状態になります。
ハブスパナには様々なサイズがあります。ご使用のハブにあったサイズを選ぶか、セットで購入しておくと便利です。

ハブのグリスアップハブのグリスアップ

ハブスパナは球押しやロックナットに最適化されているため、他のスパナと比較すると薄くなっています。球押しを締める事であたりを調整、ロックナットで締めることで球押しの位置が固定されます。

グリスアップをはじめてみましょう

後ろハブの場合はスプロケットの取り外しから

スプロケットが付いたままでは、ハブスパナがナットをつかめないため、スプロケット外し工具を使用して、スプロケットを外します。
画像のようにチェーンの付いたスプロケットリムーバーでスプロケットを固定。
ロックリング回しを左回しで回してスプロケットを取り外します。

ハブのグリスアップハブのグリスアップハブのグリスアップ

取り外したら、使用されているナットに適合したサイズのハブスパナを使用して、ロックナットを外します。

シャフトを取り外して、ボールを抜いていきます

フリーボディと反対側のロックナットを取り外し、次に球押しを取り外すと、中のボールが見えます。
グリスがスカスカになっている場合は、この時点でぼろぼろっと球が出てきますが、グリスが残っている場合は、指を入れてボールを一つずつ取り外していきます。
この際に、綿棒やピンセットを利用しても良いでしょう。

ハブのグリスアップハブのグリスアップハブのグリスアップ

フリーボディ側もボールを取り外します

同じように指を入れて取り外していきます。ハブ内部に残ってしまったボールは画像のようにポンポンっと叩いて落とします。

ハブのグリスアップハブのグリスアップハブのグリスアップ

ボールのクリーニング

取り外したボールは左右でそれぞれまとめ、数を確認して紛失しないようにしましょう。
ディグリーザーを吹きかけて、ウェスでゴシゴシとしてグリスや汚れを綺麗に落としておきます。
ボールのサビや、欠けなどがないか確認し、あった場合は、スモールパーツを利用して交換しましょう。

ハブのグリスアップハブのグリスアップハブのグリスアップ

ハブ本体のクリーニング

ボールと同じく、ディグリーザーを吹きかけて、ウェスで綺麗にしていきます。内部のボールの当たる部分に傷などがないか確認しておきましょう。傷があった場合は、ハブ自体の交換になります。

ハブのグリスアップハブのグリスアップハブのグリスアップ

シャフトと球押しのクリーニング

シャフトと球押し、ロックナットは取り外した順番に並べて置きます。
球押し部分にディグリーザーを吹きかけてウェスで綺麗にします。

ハブのグリスアップハブのグリスアップハブのグリスアップ

グリスを充填する

グリスガンを利用すると、充填しやすいですが、指での充填をご紹介します。
指先にグリスを盛って、カップ部分に塗っていきます。
満タンにはせずに、画像のようにカップ部分表面に行き渡る位に塗ります。

ハブのグリスアップハブのグリスアップハブのグリスアップ

ボールを配置します

フリーボディとは反対側からボールを一つずつ入れていきます。
入れたら、球押しで蓋をし、球押しを押さえながらフリーボディ側のボールを入れていきます。
フリーボディ側も入れ終わったら、シャフトを入れて手で仮止めします。

ハブのグリスアップハブのグリスアップハブのグリスアップ

ハブスパナを利用して調整

フリーボディ側と、その反対側にハブスパナを入れて固定し、ガタのない、しかもゴリゴリとしない位置でフリーボディの反対側のナットを締めます。2枚のナットのうち外側を右回り、内側を左回りで締めて固定します。
固定したら、ホイールを押さえながらシャフトを掴んで上下に揺らしガタの確認。
シャフトを回転させてスムーズさの確認を行います。
ゴリゴリ感があったり、回転が重い場合はフリーボディ側ロックナットと、その反対側の球押しナットにハブスパナを入れ左右が緩む方向で回します。ガタがある場合は、その逆になります。
この作業を繰り返すと、フリーボディ側のロックナットが緩んできてしまう事があります。
その際には一旦左右のロックナットを緩めてフリーボディからロックナット、球押しナットを少し出してから固定しておきます。

ハブのグリスアップハブのグリスアップハブのグリスアップ

完成

上下にシャフトを揺らしてガタがなく、回転もスムーズならば完成です。スプロケットを入れておきましょう。

ハブのグリスアップハブのグリスアップハブのグリスアップ

動画で解説しています

関連ページ