日本最大級の自転車通販サイト サイクルベースあさひ

メンテナンスマニュアル

注油

自転車は人間を動力とした機械です。定期的な注油で気持ちよく自転車に乗りましょう。

注油ポイント

注油ポイント注油グッズ

使っているうちにシャカシャカ・キシキシと音鳴りがしてくる「チェーン」、リンクプレートを介して変速を行う「変速機」、リムを挟む事でスピードをコントロールする「ブレーキ」などが、日々の注油メンテナンスのポイントです。

オイルは、ボトルに入っている製品と、スプレータイプの製品とがあります。
一滴一滴垂らして使用するのに適したのがボトルタイプ
シューっと手軽に広範囲に使用できるのがスプレータイプになります。 製品によっては、同じオイルでも、スプレータイプ、ボトルタイプと2種類をラインナップしているものもあります。
また、容量も工具箱にも収納しやすい、ミニサイズのものからお徳用サイズまでラインナップしているものもあります。
オイルの種類については、下記をご覧ください。

このページで使用しているケミカルは「シマノ PTFEオイル」

PTFEベースで金属磨耗を防ぐ潤滑剤。テフロン注油口が細く、チェーンのひとコマひとコマにオイルを垂らしやすいのが、ポイント高し。


PTFEって?:フッ素樹脂の一つで、耐熱性・耐極低温性・耐燃焼性・非粘着性・低摩擦性などが主な特徴です。
チェーンオイルをはじめとした、自転車用潤滑剤に多く使われています。

では実際に注油をしてみましょう

チェーンへの注油

チェーンへの注油チェーンへの注油チェーンへの注油

チェーンの洗浄を行った後に、チェーンの一コマ一コマに一滴ずつ丁寧に垂らしていきます。
全コマに垂らしたら、ウェスでプレートサイドの余分なオイルをふき取ります。

フロントディレーラーへの注油

フロントディレーラーへの注油フロントディレーラーへの注油フロントディレーラーへの注油

変速機の可動部分に垂らします。変速操作を数回行ってオイルを浸透させた後、ウェスで余分なオイルをふき取ります。

リヤディレーラーへの注油

リヤディレーラーへの注油リヤディレーラーへの注油リヤディレーラーへの注油

変速機の可動部分に垂らします。変速操作を数回行ってオイルを浸透させた後、ウェスで余分なオイルをふき取ります。

キャリパーブレーキへの注油

キャリパーブレーキへの注油キャリパーブレーキへの注油キャリパーブレーキへの注油

キャリパーの可動部分に垂らします。ブレーキレバーを握って、ブレーキを数回動かしてオイルを浸透させた後、ウェスで余分なオイルをふき取ります。

このページで使用しているケミカルは「シマノ PTFEオイル」

PTFEベースで金属磨耗を防ぐ潤滑剤。テフロン注油口が細く、チェーンのひとコマひとコマにオイルを垂らしやすいのが、ポイント高し。


PTFEって?:フッ素樹脂の一つで、耐熱性・耐極低温性・耐燃焼性・非粘着性・低摩擦性などが主な特徴です。
チェーンオイルをはじめとした、自転車用潤滑剤に多く使われています。

動画で解説

関連ページ