日本最大級の自転車通販サイト サイクルベースあさひ

メンテナンスマニュアル

リム交換(リムの引越し)

妻のクロスバイクの後輪のリムが振れ振れになっていたので、早速リム交換。

スポークとハブにダメージはなさそうですので、今回はリムのみ交換することにします。

通常ホイール組といいますと、まずスポークをハブに通すところから始まりますが、リムのみ交換する場合、

「リムの引越し」

という技があります。何故そんな技があるかというと、それは「簡単」だから。


早速はじめましょう。


  • 引越し元のホイールからタイヤ・チューブ・リムテープをはずします。
  • 引越し元のニップルをぎりぎりまで緩めておきます。
  • 引越し元のリムの真横に新しいリムをおきます。リムの向きとバルブの位置を合わせておきます。

人によってはこのとき2本のリムをくくっておくという技もあります。私は慣れているので、くくらずそのまま作業します。

ちなみに私の場合は、「左から右」です。右利きの人ならこの方向でしょう。左利きの人なら「右から左」のほうが やりやすいかもしれません。好みです。

リム交換(リムの引越し) メンテナンスマニュアル

必要な工具は、マイナスドライバーとニップル回し。

  • 一つ一つニップルをはずして、右のリムに移していきます。
    一度に複数引越ししないように。地道な作業の繰り返し。
  • 引越し(仮組み)完了。
    あとは振れ取り台に乗せて、通常のホイール組です。

自宅に振れ取り台はありませんので、クロスバイクをさかさまにして車輪をセットして、簡易振れ取り台としましょう。

左右のブレーキシューとリムの間隔で振れはわかりますし、車輪のセンターもフレームの真ん中かどうか大体の目視でO.Kでしょう。

リム交換(リムの引越し) メンテナンスマニュアル

きちんとしたロードバイクならまだしも、妻のクロスバイクや一般車くらいなら、こんな振れ取り台でも車輪は組めます。一応、自転車屋ですからネ。


日曜日の昼前に、ガレージでこの作業していると、お向かいのお父さんから質問が、

「自転車の資格とかってやっぱり持っているの?」

はい、もちろん、自転車安全整備士・自転車組立整備士の免許持ってます。

リム交換(リムの引越し) メンテナンスマニュアル



関連ページ