日本最大級の自転車通販サイト サイクルベースあさひ

メンテナンスマニュアル

ドロドロマウンテンバイクの洗車

ドロドロマウンテンバイクの洗車 メンテナンスマニュアル

いやいや、見事にどろどろになりました。レース会場で使用するスタンドは、後のハブではさむタイプよりも「あさひ:オリジナルディスプレイスタンド」 が断然便利。
へとへとに疲れているとき、「載せるだけ」っていうのがうれしいです。


ドロドロマウンテンバイクの洗車 メンテナンスマニュアル

自宅に帰ったら早速洗車です。洗車の3点セット、「ブラシ」「スポンジ」「水道」です。「フィニッシュライン」 や 「パークツール」 から、自転車専用洗車セットが発売されておりますので、便利です。


ドロドロマウンテンバイクの洗車 メンテナンスマニュアル

水道の蛇口をひねって、勢い良く水を出してフレーム、タイヤの泥を落としてください。
タイヤはブラシ、フレームはスポンジです。

このとき一番注意しなければならないのは、「BB」「ハブ」など本来グリスで密閉している部分に水をかけすぎてはいけません。ブレーキ周り、ディレイラー、ペダル、タイヤを中心に泥を落としてください。


ドロドロマウンテンバイクの洗車 メンテナンスマニュアル

前後の車輪をつけたままではなかなか泥が落ちないところがあります。いっそのことはずしてしまいましょう。
自転車をさかさまにしても良いですが、「あさひ:オリジナルディスプレイスタンド」 を使うと車輪をはずしても自立するので、これまた便利です。

前輪もはずして台などの上においてしまいましょう。タイヤとフレームの隙間の泥がよく落ちます。


ドロドロマウンテンバイクの洗車 メンテナンスマニュアル

そういえばチェーンは、工具要らずで簡単に着脱できるタイプでした。
はずしてしまえば、チェーンはもちろん、ディレイラーやスプロケットも掃除がしやすくなりますね。


ドロドロマウンテンバイクの洗車 メンテナンスマニュアル

このあたりの汚れは、ホイールをはずさないとなかなか落ちません。

サドルの裏側も意外と盲点ですよ。水圧で泥を跳ね飛ばしてください。(くれぐれもBB付近に水がかかり過ぎないように注意して作業してください)


ドロドロマウンテンバイクの洗車 メンテナンスマニュアル

チェーンとホイールをはずすと、こんなリアディレイラーの裏側も掃除しやすくなります。プーリーに草なんかが挟まっていませんか?

サスペンションのインナーチューブもきれいにしましょう。


ドロドロマウンテンバイクの洗車 メンテナンスマニュアル

自転車本体の洗車も大事ですが、靴もどろどろです。泥に強い SPDペダル とはいえ、今回のグリーンピア三木の泥はかなりの粘土質で、手ごわかったです。
靴を脱いでアスファルトにパンパンはたいても、全然取れません。


ドロドロマウンテンバイクの洗車 メンテナンスマニュアル

クリートをつけたままブラシでごしごし洗いましたが、どうしてもこれ以上泥が落ちません。
こういう場合は、クリートをはずしてしまうのが一番です。
(クリートの位置をマーキングしておくと、再度取り付けるときに便利です)


ドロドロマウンテンバイクの洗車 メンテナンスマニュアル

やっときれいになりました。ついでの靴も洗ってしまいましょう。

DMTのシューズは外側はどろどろですが、靴の中には全然泥が入ってこなくて、快適でした。


ドロドロマウンテンバイクの洗車 メンテナンスマニュアル

クリートをはずして裏返したところ、こんなところにも泥がこびりついています。

道理ではまりにくかったわけですね。千枚どおしでこりこりと泥を落とします。靴が乾いたら、きれいなグリスを添付して組み付けてあげましょう。


ドロドロマウンテンバイクの洗車 メンテナンスマニュアル

ペダルもどろどろです。水とブラシでは細かいところの泥が全然落ちていません。
ピントがぼけてしまっていますが、先端部分にたっぷりと泥がこびりついています。道理ではまりにくかったわけです。クランクブラザーズにしとけばよかったかな!


ドロドロマウンテンバイクの洗車 メンテナンスマニュアル

千枚どおしでこりこりと泥を落としました。恐るべしグリーンピア三木の泥よ!

これで本来のペダルになりました。しっかりと水気を落として、オイルアップです。


ドロドロマウンテンバイクの洗車 メンテナンスマニュアル

最後にチェーンをディグリーザーとウエスでごしごしと洗いました。
ショックなことにこのチェーンのピンは中空なのですが、そこにまで泥が・・・・・・ これを全て落とすのはちょっと大変です。可動部分ではないのと、消耗品ということで諦めます。


全行程およそ約1時間30分ほどで終了しました。

後は全体の水気を完全にふき取って、こちらを参考に注油してください。ワイヤーやディレイラーの可動部分、チェーンにはオイルを、フレームには、「ポリッシュCP-1」、サスペンションには「RESPO チタンスプレー」がオススメです。
こういう作業(洗車)は自転車屋にもっていても普通はしてくれません。特別な技術は必要ありませんので、どろどろになったと嘆かずに、普段できない部分まできれいにできる絶好のチャンスです。

洗車後は、より一段と自転車への愛着が増すと思いますよ。

関連ページ