日本最大級の自転車通販サイト サイクルベースあさひ

メンテナンスマニュアル

補助輪から1本スタンドへの交換

幼児用自転車の補助輪を外して、1本スタンドを取り付ける方法をご紹介します。


1.左側補助輪の取り外し

まずは左側の補助輪を取り外します。(後で説明致しますが、この段階では右側の補助輪は外しません)
画像のナットを工具を使って緩めます。基本的には15mmのナットが使われています。
使用工具はコチラなど。

2.ドロヨケやキャリアのステーの処理

ナットを外すと、ドロヨケやキャリアのステーも外せるようになります。
ステーは力を入れるとしなるので、グイッと手で引っ張りながら外します。
ステーに続けて補助輪も外します。

3.車輪と補助輪の固定ナットが別々の場合

車種によっては、1個のナットで補助輪と車輪が固定されている場合と、
車輪と補助輪が別々のナットで固定されている場合がございます。(画像は別々のナットで固定されています)
別々のナットで固定されている場合は、車輪を固定しているナットも外してしまいます。
※車輪を固定しているナットは、車種によっては15mmだったり17mmだったりします。作業の前にお客様自身でご確認いただけますようお願い致します。

★ここがポイント!

左右の補助輪を同時に外してしまいますと、自転車が自立出来なくなってしまう為、作業がしにくくなります。

1.左側の補助輪を外す。
2.スタンドを取付する。
3.右側の補助輪を外す。

の順番で作業をすると、自転車が自立した状態で作業できるのでカンタンです。

4.スタンドの取り付け

スタンドを取付する際の注意点は、スタンドを一番最初に取り付ける事。
スタンドをシャフトに通す前に、ドロヨケやキャリアのステーを入れてしまわないようにご注意ください。
フレームとスタンドは直接触れるように取付するのがルールです。

スタンドの取り付けができました。

5.右側補助輪の取り外し

残った右側の補助輪を外します。
この際、車輪を固定している方のナットは緩める必要はありません。
補助輪を外して、再度ナットを締めつければ完成です。

6.完成!

最後に、各ナットが十分に締めつけられているか確認してからご使用ください。



関連ページ