自転車の乗り方 ライディングマニュアル

スポーツバイクの最初の調整・セッティング

せっかく高い自転車を買ったのに、なんとなく乗りにくい、スピードがのらない、疲れる、体のどこかが痛くなるという方はいないでしょうか?
もしかしたら、自分が乗りやすいようにセッティングができていないのかもしれません。

セッティングができていない自転車は、自転車の楽しみを半減させるだけじゃなく、体にすごく負担をかける可能性もあります。

ここでは、フレームサイズは体に合ったものという前提で、さらに自分の体に合うようにセッティングしてみましょう。

工具の確認

サドルの角度、前後位置を調整するために6mmのアーレンキーが必要となります。

スポーツバイクの最初の調整・セッティング



サドルは水平ですか?

セッティング最初の基本はサドルの角度。時々、おしりが痛いという方が、サドルを前下がりにして乗っています。しかしその乗り方だと手に負担がかかり、今度は手が痛くなる可能性があります。悪循環を繰り返すだけで根本的な解決になりません。
基準は水平で、そこからハンドルの高さやステム、サドル、フォームを見直していく方が解決の可能性はあります。

詳しい説明はこちら

スポーツバイクの最初の調整・セッティング



サドルを上げてみましょう。

サドルも、スポーツ車初めての方だとほとんどの人が両足がぴったりつく位低い状態で乗られているのではないでしょうか。

スポーツバイクの最初の調整・セッティング



これだと窮屈です。

漕ぐときにすごく窮屈で速そうに見えません。
なによりこの漕ぎ方だと、太ももの筋肉やひざの関節に負担がかかります。
自転車は、足のついている時間よりも、漕いでいる時間の方が長いので、漕ぎを優先したセッティングにします。

スポーツバイクの最初の調整・セッティング



サドルの高さの目安。

A 一番下がった状態のべダルにかかとを乗せて、ひざが伸びきるくらい。
B その位のサドルの高さで、漕ぐ時は拇指辺りで漕ぐと、膝が軽く曲がるくらいとなり、理想的です。

※競技志向が高まれば、サドルは高くなる傾向にあります。

詳しい説明はこちら

スポーツバイクの最初の調整・セッティング



拇指球(ぼしきゅう)辺りって?

このペダル軸のラインに足の拇指球を合わせます。

詳しい説明はこちら

スポーツバイクの最初の調整・セッティング



降りる時は?

トップチューブにまたがってしまえば、サドルが高くてもバランスを崩すこともありません。

詳しい説明はこちら

スポーツバイクの最初の調整・セッティング



乗る時は?

効き足側のペダルを3時の方に向けて、踏み込むと同時にサドルに座ります。

スポーツバイクの最初の調整・セッティング



サドルの基準位置を確認しましょう。

サドルの高さを合わせたら、サドルの前後位置を微調整します。この調整によって、ペダルを踏む時にどこの筋肉を使うかが変わってきます。
基本となるのが、ペダルを3時の位置にして、ペダルの軸に足の拇指球を合わせます。
その状態で、ペダル軸からひざの辺りまで架空の線を引き、延長線上にひざの皿が来るようにします。

a
  • ちょっと後ろすぎの状態。太もも後ろの筋肉を主に使うセッティングです。
b
  • 基本セッティング
c
  • ちょっと前すぎの状態

スポーツバイクの最初の調整・セッティング



ブレーキの角度を確認しましょう。 

こういう状態で乗られている方がいますが、長時間乗っていると手頸が痛くなります。
痛くなったからと、あまり手頸に体重をかけないでサドルにドカッと座ると、今度はおしりが痛くなるという悪循環につながります。

スポーツバイクの最初の調整・セッティング



望ましい角度です。

望ましいのは、手頸のラインが真っすぐになるようにセッティングします。

スポーツバイクの最初の調整・セッティング



ペダルの踏み方を確認しましょう。

ペダルは、主に拇指球のあたりで踏みます。
拇指球で踏んでいても、かかとが下がっているとあまりいいペダリングではありません。
かかとが下がると、足首を使うことになり、ふくらはぎが太くなりますよ。

スポーツバイクの最初の調整・セッティング



この位置(1時から3時)がもっとも力が入るポイントです。

地面に対して、水平より少しかかとが上がるくらいが踏みやすいです。

スポーツバイクの最初の調整・セッティング

以上が大まかな基本セッティングになります。まずは最初に基本どおりのセッティングにし、乗りにくいようであれば、サドルの高さ・角度を調整したり、ステムの高さ・角度・長さを調整し、自分なりのセッティングをしてみましょう。

たった数ミリでも乗り味が驚くほど変わる場合があります。

それでも乗りにくい場合は、あさひリアル店舗にご相談ください。



関連ページ

ネットで自転車を注文 店舗で受け取り