日本最大級の自転車通販サイト サイクルベースあさひ

サイズに迷ったら

バーテープの選び方(ロードバイク用)

ロードバイクのバーテープは
素材と厚みで握り心地が変わってきます。

素材の違い

定番のコルク

バーテープ ロードバイク

コルクがバーテープに散りばめられていて、自然で、振動吸収性もあります。
デザインが最も豊富なタイプです。



コットンタイプ

バーテープ ロードバイク

古くから定番とされているコットンタイプ。
汗の吸収性が良く、比較的薄手になるため、ダイレクト感があります。
ガッチリとした握り心地を求めるライダーにおすすめ。
二重に巻くなんてテクニックもあります。



ラバータイプ

バーテープ ロードバイク

ゴルフクラブや、テニスラケットに似た感触のこちらのタイプ。
滑りにくく、ギュウッと握りこむライダーにおすすめ。



レザー(革)タイプ

バーテープ ロードバイク

クラシカルかつスタイリッシュにまとめる事ができるのが、レザーです。
ツーリングバイクに合わせると、渋い。



カーボン柄

バーテープ ロードバイク

汚れを落とすのも比較的ラクで、カーボンハンドルにも似合いやすいカーボン柄のバーテープは、売れ筋のバーテープとして、人気があります。



付属品

バーエンドキャップ

バーテープ ロードバイク

付属品としては、ハンドルバー両端に取り付けるエンドキャップが付属しているもの、付属していないものがあります。(ほとんど付属している物なのですが、稀に付属しないモデルがあるのです)
ロゴの向きをそろえてはめましょう。
輪行や車に積み込む時、楽車した時など、ふと外れてしまうことがあります。



エンドテープ

バーテープ ロードバイク

巻き終えて、最後の部分に貼るエンドテープが付属しているもの、していないものがあります。(ほとんど付属している物なのですが、稀に付属しないモデルがあるのです)
付属していない場合は、ビニールテープで代用が可能です。巻き終わりが下側になるように、かつ、ロゴのいいところが上側にきて、さらに左右がそろっているように貼るのが、プロです。



衝撃吸収用のジェルパッド

バーテープ ロードバイク

より振動吸収性能を求めるライダーには、衝撃吸収用のジェルパッドが別途リリースされている他、薄手のゲル素材が予めバーテープに盛り込まれているものなどがあります。



関連ページ