日本最大級の自転車通販サイト サイクルベースあさひ

サイズに迷ったら

フロントフォークの選び方

フロントフォーク

フロントフォークでも、部分によって、名称があります。
ヘッドチューブの中に入る部分を

  • 「コラム or ステアリングコラム」
と呼んでいます。 コラムから下に伸びる肩の部分を
  • 「クラウン」
下に伸びる2本を
  • 「レッグ or ブレード」
と呼びます。



スチール製フォーク

フロントフォーク

ツーリング車や、古めのロードバイクに使用されているのが、クロモリをはじめとした、スチール製フォーク
強度があり、キャリアを取り付けるのにも適しています。
カーボンに比べると固めのフィーリングで、同じく金属のアルミと比べるとしなやかというのが、一般的な評価になっています。
コラムは

  • 「ネジ切り(スレッド)」
  • 「アヘッド(スレッドレス)」 
の2種類となります。



アルミ製フォーク

フロントフォーク

錆に強く、比較的軽量で、価格もお求め安いものが多い、アルミ製フォーク
コラムは

  • 「ネジ切り(スレッド)」
  • 「アヘッド(スレッドレス)」 
の2種類となります。



カーボン製フォーク

フロントフォーク

レースバイクでは、最も一般的となったカーボン製フロントフォーク。
軽い上に振動吸収性もよく、ロングライドにも適しています。
カーボンフォーク と一口に言っても

  • コラム:鉄製、アルミ製、カーボン製
  • クラウン:鉄製、アルミ製、カーボン製
と、レッグにカーボンを使用していてもコラムとクラウンがカーボンではない製品もあります。
アルミコラムは「ネジ切り(スレッド)」  と 「アヘッド(スレッドレス)」 の2種類となりますが、カーボンコラムになると、構造上「アヘッド(スレッドレス)」 のみとなります。



強度は、

  • 鉄 > アルミ > カーボン
価格は、
  • カーボン > アルミ > 鉄
の順とお考え頂き、用途に合わせてご検討くださいませ。
レッグ(ブレード)がストレート、カーブしているタイプによっても、乗り心地が変わってきます。フレームとのバランスも重要です。(なかなか難しいのですが)



関連ページ