日本最大級の自転車通販サイト サイクルベースあさひ

サイズに迷ったら

オイルの選び方

オイル、ルブリカント、潤滑剤
商品によって呼び名が異なりますが、全て「注油」で使用するケミカルの事です。


大きく分類してみると、3種類に分ける事ができます。


ドライ系

オイル ハブ

オールコンディションで使用できて、潤滑剤の中でも乾いている部類になる「ドライ系」のため、チェーンが汚れにくいという利点があります。
つまり足にチェーンの跡が付きにくく、輪行のときも手が汚れにくくなります。しかし次の「ウェット系」に比べると、耐久性が劣るため、頻繁にオイルを添付するひつようがあります。まめにメンテナンスができる方なら、断然お勧めなタイプです。



ウェット系

オイル ハブ

雨天、泥、雪での使用に耐える、粘度の高いオイルです。
ドライ系オイルの場合、チェーンが濡れた状態で走り続けると、水と一緒に油分も落ちてしまいます。
これを防いでくれるのが、ウェット系のオイルです。
ハードなコンディションでも、油分がチェーンから離れにくいという利点がありますが、ドライコンディションの中で使用した場合は、汚れを付けやすいという反面があります。



ワックス系

オイル ハブ

ワックス成分により、汚れがチェーンに付着しにくいという利点があり、チェーンをキレイに保ってくれる事から、人気のある潤滑剤です。



キレイに保つ度 は

  • ワックス系 > ドライ系 > ウェット系
の順になります。

ハードコンディション耐用度 は
  • ウェット系 > ドライ系 > ワックス系
の順になります。

基本で1本持つならば、
ドライ系

雨や雪の季節やマウンテンバイク、シクロクロスには
ウェット系

キレイ好きには
ワックス系

と使い分けるのが、おすすめです。
この3種類の他、様々な特徴を合わせ持つ、総合的な製品もリリースされ始めました。

ひとまず、3種類の特徴を試してから、次の1本はセラミックや、チタンなどが混合しているものなのどにトライしてみましょう。



1本でチェーンのクリーニングと注油ができる



関連ページ