• 自転車本体
  • ロードバイク系パーツ
  • マウンテンバイク系パーツ
  • クロスバイク系パーツ
  • ツーリング&アクセサリー
  • シティサイクル系パーツ
  • ウェアー系
  • シマノスモールパーツ

  • トップページに戻る
  • モバイルサイトのご案内

このWEBサイト内を検索 ショッピングカート

サイズに迷ったら

PCDについて

PCD 選び方

クランクの歯数を変更するときに重要な規格、「P.C.D」 について。

  • P.C.D とは、
    Pitch Circle Diameter  のことで、フロントのギア板を固定するボルトの直径です。
いくつか種類があります。





PCD 選び方

「P.C.D」 とは、上の図のようにボルトを結ぶ円の直径を指します。

  • フロントギアが2枚---アウターxインナーのPCD
  • フロントギアが3枚---アウターxセンター、インナーギア、2種類の PCD

アウターギアとインナーギアは、クランク(またはスパイダーアーム)をはさんで取り付けるので、同じPCDです。
トリプルギアの倍のインナーギアはそれ用の台座に取り付けますので、一回り小さいPCDとなります。
一口に XTなどといっても、年式や5アーム、4アームによっても異なりますので、品番でご質問を頂かないと、取り付け可能なクランクを選ぶことはできません。。



PCD 選び方

トリプルギアの場合、アウター/センター(赤) と、インナー(青) の2種類の「P.C.D」 となります。


ロードバイクのPCD

  • 130mm (シマノのノーマルクランク)
    よくある歯数
    53/39 52/39 50/39
    ※インナーの最小が39または38
    • 110mm (シマノのコンパクトクランク)
      よくある歯数
      50/34 50/36
      ※インナーの最小が34
      • 135mm (カンパニョーロのノーマルクランク)
        よくある歯数
        53/39 52/39 50/39
        • 110mm (カンパニョーロのコンパクトクランク)
          よくある歯数
          50/34

        • シマノの110mmとカンパニョーロの110mmの互換性はありません。


        クロスバイク・マウンテンバイクのPCD

        • 104/64mm (シマノ)
          よくある歯数
          42/32/22 44/32/44 48/36/26 48/38/26
          ※古いクランクですと、110/74 94/58 112/68 などがありますので、ご注意ください。
          見た目で判断せず、必ず型番から判断して下さい。


          同じPCDでもリアスプロケットの枚数も重要です

          例えば、リア9段用に設計されたフロントチェーンリングを、リア10段で使用することは出来ません。
          チェーンの規格は同じですが、9段用に設計されたチェーン、10段用に設計されたチェーン、10段用でもマウンテンバイク用、シマノの7900シリーズの10段と、7800シリーズの10段とでも、設計が異なり、互換性がありません。
          ややこしいので、ご注意ください。



          関連ページ


ページの先頭へ