サイズに迷ったら

PCDについて

PCD 選び方

チェーンリングの歯数を変更するときに注意すべき点として、

・スプロケット(後ギア)の段数
・クランクアームの数
・PCD

の3点に注意する必要があります。では「P.C.D」とは一体何でしょうか?

  • PCDとは「Pitch Circle Diameter」の略です。下の図のように、フロントギア板を固定するボルトを結ぶ円の直径(ピッチ円直径)を表します。

    PCD 選び方


    最近ではBCDと表記するケースもありますが、どちらも意味は同じです。
    ちなみに、BCDとは「Bolt Circle Diameter」の略で、ネジ切りをしてボルト基準にした場合にはこちらの標記を用います。



アウター/インナーで固定ボルトが異なる場合は、それぞれのPCDが記載されます。
  • フロントギアが2枚(ロード)---アウターxインナーのPCDは共通(モデルにより2種類の場合もあり)   
  • フロントギアが3枚(ロード)---アウターxセンター、インナーギア、2種類の PCD   
  • フロントギアが2枚(MTB)---アウターxセンター、インナーギア、2種類の PCD(モデルにより1種類の場合もあり)   
  • フロントギアが3枚(MTB)---アウターxセンター、インナーギア、2種類の PCD

基本的にアウターギアとインナーギアは、一つのボルトでスパイダーアームに挟んで取り付けるので、同じPCDです。
カンパニョーロの4アームクランクや、MTBのダブル(一部モデル除く)等、取付ボルトがアウターとインナーで異なるモデルは それぞれのPCDが表記されます。

トリプルギアのインナーギアはそれ用の台座に取り付けますので、一回り小さいPCDとなり、
アウター/センター(赤)と、インナー(青)の2種類の「P.C.D」となります。


  • ロードでの例

PCD 選び方


  • MTBでの例

PCD 選び方



ロードバイクのPCD

  • 130mm (シマノ、スラム、スギノ他、各社でのノーマルクランク)
    シマノの4アームクランクが普及するまでは、各メーカーで広く使われてきたサイズです。
    よくある歯数
    53/39 52/39 50/39
    ※インナーの最小が39または38
  • 110mm (シマノ、スラム、スギノ他、各社でのコンパクトクランク)
    よくある歯数
    50/34 50/36
    ※インナーの最小が34
  • 110mm (シマノの4アームクランク)
    近年、シマノでラインアップされている新タイプです。
    アームの配置が異なる(均等でない)ため、通常のPCD110㎜のチェーンリングは付きません。
    よくある歯数
    53/39 52/39 50/39
    PCD 選び方

  • 135mm (カンパニョーロのノーマルクランク)
    よくある歯数
    53/39 52/39 50/39
  • 110mm (カンパニョーロのコンパクトクランク)
    よくある歯数
    50/34
  • 145mm/112mm(カンパニョーロの4アームクランク)
    2014年からラインアップされているカンパの新タイプです。
    よくある歯数
    53/39 52/39 50/39

  • コンパクトクランクについて、シマノの110mmとカンパニョーロの110mmの互換性はありません。
    (カンパはランク裏側ネジが数ミリオフセットされています。その為、カンパ対応以外の110㎜チェーンリングは
    ネジ穴の位置が合わず、取付できません。)


マウンテンバイク・クロスバイクのPCD

  • 104/64mm(シマノ)
    よくある歯数
    トリプル:42/32/22 44/32/44 48/36/26 48/38/26
    ダブル :40/28  38/26  38/24 36/24
  • 96/64mm (シマノ)
    よくある歯数
    トリプル:40/30/22
    ダブル:38/28  36/26   34/24

    ※古いクランクですと、110/74 94/58 112/68 などがありますので、ご注意ください。
    見た目で判断せず、必ず型番から判断して下さい。



  • PCD以外に見るべきポイント

    • クランクアームの数
      ロードは5アーム、MTBでは4アーム(古いモデルは5アームもあります)。
      最近はロードでも4アームが主流になりつつあります。

    • リアスプロケットの枚数(チェーンの段数)
      6/7/8段、9段、10段、11段チェーンのピッチはそれぞれ同じですが、チェーンの幅が異なります。
      その為、例えばリア9段専用に設計されたフロントチェーンリングは、リア10段で使用することは出来ません。
      変速ピンに引っかかるなどして使用できないケースがあります。

      チェーンの幅はわずかな違いの為、「9/10段対応」「10/11段対応」といったように共通化されている事もあります。


      9段用に設計されたチェーン、10段用に設計されたチェーン、10段用でもマウンテンバイク用・ロード用10段など、 モデルによって互換性が無い場合もあります。ややこしいので、ご注意ください。



  • その他
    チェーンリングとは直接的な関係はありませんが、2T以上ギアを大きくしたり、小さくした際にはチェーンの長さが変わる為、チェーンの調整または交換が必要になります。

    また、大幅にフロントの歯数を変更る際は、フロントディレイラーの取付け位置も再調整が必要です。その際、場合によっては、シフトワイヤーの交換も必要になります。


  • 関連ページ