日本最大級の自転車通販サイト サイクルベースあさひ

サイズに迷ったら

ペダルのサイズと種類の選び方

取り付け部分(ペダル軸)のサイズが2種類

ペダルはクランク(クランクの選び方)に取り付けるものですが、取り付けるネジの規格が2種類 あります。それぞれに互換性は全くありません。

  • 9/16インチ(じゅうろくぶんのきゅういんち)
    主流です。一般車 実用車 MTB ダウンヒルバイク クロスバイク ロードレーサー 電動アシストサイクル 大人用三輪車 一輪車 etcに使われます。
  • 1/2インチ(にぶんのいちいんち)
    このタイプのクランクを 「ワンピースクランク」 といいます。ビーチクルーザー、BMX etc に使われます。※9/16サイズのBMX用クランクも増えてきております。
    理由は左右のクランクとBBの軸が一体で一つの棒だからです。そのため、このクランクは 「細い棒」 のようにも見えます。

これは「1/2インチ」 ワンピースクランク

ペダルのサイズと種類の選び方

上が「1/2インチ」 下が「9/16インチ」

ペダルのサイズと種類の選び方 ペダルのサイズと種類の選び方



ノーマルペダルとビンディングペダル

まずこれがビンディングペダル。スキー板とスキーブーツを固定する仕組みからヒントを得て作られました。足とペダルが固定されることで、効率のよいぺダリングが実現できます。
取り付け部分(ペダル軸)のサイズは、全て9/16インチです。

ペダルのサイズと種類の選び方

ノーマルペダル(フラットペダル) です。

ペダルのサイズと種類の選び方

更に細かく種類別に見ていきましょう。


両面ノーマルペダル

アルミもしくはスチール製で、両面とも同じデザインなのが特徴です。一番普通なペダルといえます。両面とも同じデザインなので、トークリップ/トーストラップの取り付けには向いていません。

ペダルのサイズと種類の選び方


トークリップ対応ノーマルペダル

両面ノーマルペダルとの違いは、踏み面が片方のみです。「返し」 と呼ばれる突起物 がついているほうが「裏」になります。トークリップ/トーストラップを取り付けることが前提のペダルです。
トークリップ/トーストラップの取り付け方法はこちらで解説しております。

ペダルのサイズと種類の選び方


デカペダル (フラットペダル)

マウンテンバイクのダウンヒル競技で使用されることの多い、踏み面の大きなペダルです。アルミ製で滑りとめの突起物がついています。突起物は取り外したり、より大きなタイプに交換することができるものもあります。
アルミ製やマグネシウム製、樹脂製のものがあり、カラフルなカラー展開されている物が多いことから、街乗り用にも人気です。
トークリップ/トーストラップの取り付けはできませんが、最近は、「ペダルストラップ」という簡易的なトーストラップが取り付けられるものもあります。 ※必ずしも取り付けられるとは限りません。

取り付け部分(ペダル軸)のサイズは、1/2インチ9/16インチ の2種類があるので、ご注意ください。

ペダルのサイズと種類の選び方


ロードバイク用ビンディングペダル

ロードバイク用のビンディングペダルです。ビンディングはペダルの片面のみです。
クリートはペダルに付属しており、専用品となります。複数のメーカーから発売されておりますが、クリートの互換性はありません。
クリートの種類によって、遊びなく固定されるタイプと、固定後も若干の遊びがあるタイプがあります。

ペダルのサイズと種類の選び方

クリートはおおむねこのような形をしております。クリートの取り付け方法はこちら

ペダルのサイズと種類の選び方


ロードバイク用ビンディングペダルの場合、シューズの裏に大きなクリートが出っ張る為、歩きにくくなります。もとは競技用ですから、歩くことは考慮していません。
しかし一般のサイクリストにはそれでは扱いづらいため、マウンテンバイク用の小さなクリートで固定するタイプもあります。

ペダルのサイズと種類の選び方

クリートはおおむねこのような形をしております。

ペダルのサイズと種類の選び方

クリートの違い。

ペダルのサイズと種類の選び方


マウンテンバイク用ビンディングペダル

マウンテンバイクで野山を駆け回るときに使うペダルです。両面共に固定することができるので、装着が素早く行えます。
泥が詰まっても装着できるように、隙間が大きく取られています。岩などにヒットすることもあるので、頑丈さも要求されます。

ペダルのサイズと種類の選び方

クリートはおおむねこのような形をしております。クリートはペダルに付属するもので、シューズには付属しません。メーカーにより互換性のあるものとないものがありますので、注意が必要です。
クリートの種類によって、遊びなく固定されるタイプと、固定後も若干の遊びがあるタイプがあります。

ペダルのサイズと種類の選び方


マウンテンバイク用ビンディングペダル でかタイプ

上のタイプだと、ペダルが小さく、装着できなかったときに不便です。そこで多少クリートが装着できなくてもペダルが踏めるように、枠を大きめにデザインしたタイプです。
「普通の靴で乗ることもある」という方にも便利です。

ペダルのサイズと種類の選び方

クリートはおおむねこのような形をしております。

ペダルのサイズと種類の選び方


片面ビンディングタイプ

片面だけ装着できるタイプです。反対側はノーマルペダルと同じです。
「普通の靴で乗ることもある」という方にも便利です。

ペダルのサイズと種類の選び方

クリートはおおむねこのような形をしております。

ペダルのサイズと種類の選び方



歩きやすさの違い

横から見れば、一目瞭然ですね。ロード用クリートはぺダリングの為のものであって、歩くためのものではありません。
当然歩きにくく、ラーメン屋の店内では滑りやすくなります。

ペダルのサイズと種類の選び方



関連ページ