日本最大級の自転車通販サイト サイクルベースあさひ

サイズに迷ったら

ブレーキレバー・デュアルコントロールレバーの選び方(ロードバイク用)

ブレーキレバー・デュアルコントロールレバーの選び方

ロードバイクに付属するレバーには、

  • ブレーキとシフトの操作を一つのパーツで行なうもの
  • ブレーキだけ、シフトだけと、セパレートで行なうもの
があります。
ブレーキとシフトの操作を一つのパーツで行なうものは、メーカーごとのコンセプトでシフト、ブレーキのレバー位置や操作方法が異なり、メーカーごと、と変速段数によって、ドライブトレインとの互換性が細かく分かれております。







メーカーによって呼び名が異なります。

  • カンパニョーロ製品はエルゴパワー
  • シマノ製品はSTI
  • スラム製品はダブルタップ
  • ダイアコンペ製品はISL(Independent Shifting Lever)
と呼んでいます。
このタイプは、マウンテンバイクのVブレーキ/ディスクブレーキには対応していません。カンチブレーキには対応しております。
また、マウンテンバイクのフロントメカにも対応していません。



ロードバイク フロントディレイラー

ブレーキだけ、シフトだけのものの場合、ブレーキレバーはマウンテンバイクのVブレーキに対応しているものもありますが、シフトレバーには、マウンテンバイクのフロントメカに対応しているものはありません。(Wレバーをフリクション側にした場合は、可能)

ロードバイク フロントディレイラー



レバーが固定されている部分を ブラケット と呼んでいます。

ロードバイク フロントディレイラー

ドロップハンドルのブレーキレバーを取り付ける部分の太さは、
  • 23.8mm から 24.2mm
と決まっております。
マウンテンバイクのフラットバーのブレーキレバーを取り付ける部分の太さは、
  • 22.2mm
と決まっております。両者に互換性はありません。



関連ページ