サイズに迷ったら

一般車の変速機の種類 ~内装3段と外装6段~

スポーツ車と違い、一般車の変速機は自転車をより速く走ると言うよりは、より楽に乗る為に付いている機能です。ちょっとした坂道など、環境に合わせてこまめに変速を調整することによって、楽に自転車に乗ることが可能です。


一般車についている変速機は主に内装3段か外装6段の2種類です。
変速機って必要? 変速が多いほうがいいの? 内装と外装って何が違うの? などなど、自転車を選ぶ上で気になる疑問を解決する為、この2つの変速機の特長についてご説明します。

内装3段変速って何?

まず、内装3段変速とは、変速ギアが内部に密封されたタイプの変速で、3段階の変速が可能です。日本ではシマノ製のものがほとんどで、シマノのNEXUSというコンポーネントのものがその大半を占めています。
内装3段にはレバー式(ピアノタッチ)とグリップ式の2種類のシフターで操作するものがあります。
レバー式シフターの操作方法は、下のレバーを親指で内側に押すことによってギアが軽くなり、上のレバーを親指で押すことによってギアが重くなります。


グリップ式シフターの操作方法はグリップを前方に回すことによってギアが重くなり、手前に回すことによってギアが軽くなります。
変速1が一番軽く、変速3が一番重いギアです。


内装3段変速はギアが内装されているため、チェーンが外れる事がかなり少なく、止まった状態でも変速が可能です。
また、錆や汚れに強いことも特徴です。



外装6段変速って何?

一方外装6段変速とは、ギアが露出しているタイプの変速で、6段階の変速が可能です。一般的にグリップ式のシフターです。操作方法は内装のグリップ式と同じです。
変速1が一番軽く、変速6が一番重いギアです。
外装6段の特徴として、内装変速に比べチェーントラブルは起こりやすいですが、広い範囲の変速調整が可能で、さまざまな地形にこまかく対応できるので長距離を走る際に最適です。
チェーントラブルを防ぐには、自転車店で変速調整をしたり、チェーンにオイルを塗ったりすることをお勧めします。




内装3段変速と外装6段変速の比較表
内装3段変速 外装6段変速
構造 内装=ギアが内部で密封 外装=ギアが露出している
シフター レバー式とグリップ式 グリップ式
段数 3段 大まか 6段 細かい
チェーントラブル あまりない たまにある ※メンテナンスによって防げる
メンテナンス 殆ど必要ない こまめな注油が必要
耐久性 密封している為強い 露出している為弱い
適正環境 ゆるいのぼり坂、下り坂のある場所 さまざまな地形にこまかく対応可能
変速切り替え とまった状態で変速可能 ペダルを回しながら変速が必要



上手な変速の使い方

坂道や、漕ぎ出しによって変速を調整すれば、より楽に自転車に乗ることができます。 最初の漕ぎ出しや、上り坂で、ペダルを思い切り踏ん張ったりせず、ギアを軽くすることによって軽い漕ぎ出しが可能になります。
また、風の強い日、たくさんの荷物を乗せているときなどにもギアを軽くすることによって負担が軽減され、効率的に走れます。 漕ぎ始めて、だんだんスムーズにペダルが回転してきたら、ギアを重くしてペダルの空回りを防ぎます。
これによって漕いでいる脚の疲労も軽減します。

内装3段変速、外装6段変速には、それぞれ長所、短所があります。
それぞれの特徴を把握しておいて、自転車選びのポイントにするのもいいかもしれません。


関連ページ

シティサイクルのコーナー