• 自転車本体
  • ロードバイク系パーツ
  • マウンテンバイク系パーツ
  • クロスバイク系パーツ
  • ツーリング&アクセサリー
  • シティサイクル系パーツ
  • ウェアー系
  • シマノスモールパーツ

  • トップページに戻る
  • モバイルサイトのご案内

このWEBサイト内を検索 ショッピングカート

サイズに迷ったら

チューブの選び方

自転車 チューブ

チューブのバルブの種類をご紹介。


3種類あります。

バルブの種類

自転車 チューブ

英式バルブ(ウッズ・ダンロップ)

自転車 チューブ

軽快車に使われるタイプで、日本人には一番馴染みの深いタイプ。一般的に、「自転車の空気入れの形」のイメージはこのタイプとなります。
上の写真は、バルブキャップ(黒い部分)が取り付けられた状態です。空気を入れるときは、バルブキャップを外してください。
高い空気圧を入れることは出来ず、空気を入れた後の空気圧の微調整も出来ません。また、空気圧を測ることも出来ません。

日本のタイヤメーカーである「パナレーサー」は、「タイヤメーカーはタイヤの指定空気圧を守るように注意喚起しているのに、空気圧を測れない英式バルブというのもは、その理屈から外れる商品である。よって、英式バルブを空気圧を測ることのできる米式バルブに変換する小物(エアチェックアダプター) を製造・販売し、推進していきます。」という立場をとっております。なるほどです。


自転車 チューブ

バルブの中には、「バルブコア(通称:虫ゴム)」といわれるものが入っており、1年程度で破れてきます。これが破れると、空気が漏れてしまいます。定期的に交換しましょう。
上の画像の状態になってしまったら、交換です。一番右の状態では、全く空気が入りません。
また、虫ゴムの圧力を乗り越えて空気を入れなければなりません。その圧力が1〜1.5気圧程度となりますので、空気の入れ始めから、ポンプを押す手に力が必要です。(米式・仏式バルブの場合、空気の入れ始めは軽い) キャップは必ずつけておいてください。キャップが無いと虫ゴムが空気に触れるため、劣化が早まります。少しのことですが、チューブの寿命を延ばすことになります。


仏式バルブ(フレンチ・プレスタ)

自転車 チューブ

スポーツ車用のバルブといえばこれ。ロードバイクだとほぼ100%これが付いているでしょう。高い空気圧に耐えることが出来、空気を入れた後も空気圧の微調整が可能です。
英式バルブと違い、空気圧を測ることが可能です。


自転車 チューブ

筒の部分に 「ネジ」 が 付いているタイプと、付いていないタイプがあります。チューブラータイヤの仏式バルブはこのネジ山の無いタイプです。ヴィットリアのチューブもこのネジ山の無いタイプです。ネジ山のあるものよりも若干細くなるのと、空気入れのパッキンとの摩擦が少なくなるため、空気入れによっては入れられない場合があります。その場合どちらも不良品というわけではなく、相性という言葉で片付けられます。ヒラメのポンプヘッドなどは、このような問題に対応しているため、人気があります。

根元をナットで固定しますが、指で軽くぎゅっと締め付ける程度です。工具でキツく締め付けてしまうと、チューブが破れてしまう可能性があります。
チューブラータイヤ・チューブレスタイヤのバルブも、この仏式です。
背の高いリム(ディープリム)に対応した、「ロングバルブ」タイプも有ります。ロングの具合は、51mm 60mm というように、mmで表現します。
「延長バルブ」と言われる、バルブアダプターで長くすることも可能です。
英式バルブと違い、空気圧を測ることが可能です。


米式バルブ(アメリカン・シュレッダー)

自転車 チューブ

マウンテンバイクの一部や、BMXに使用されます。太くて頑丈です。
バイクや、車と同じタイプなので、空気入れがない場合はガソリンスタンドや車屋さんの空気入れを貸してもらうことで、空気を入れることが出来ます。
構造がカンタンで、空気漏れも少ないタイプです。空気を入れた後も空気圧の微調整が可能です。
リム側にバルブを通す穴が必要ですが、英式と米式は同じ大きさです。仏式は一回り小さくなります。
英式/米式のリムに仏式を入れる場合は、スペーサーを使用することで可能となります(スペーサーを取り付けるには、バルブにネジきりがある必要がございます。)。逆は無理です。穴を広げるしかありません。


チューブの太さ

タイヤの太さとぴっちり合わせる必要はなく、多少曖昧です。中で膨らみますから。下記の表はあくまでも目安です。

マウンテンバイクの場合
タイヤの太さチューブの太さ1チューブの太さ2
26x1.026x1.026x1.25
26x1.2526x1.25
26x1.526x1.526x1.5
26x1.7526x1.625-2.10
26x1.826x1.625-2.10
26x1.95
26x2.0
26x2.1
26x2.2526x2.125-2.35
26x2.35 
ロードバイク・クロスバイクの場合
タイヤの太さチューブの太さ
700x18c700x18/20c
700x20c
700x23c700x23/25c
700x25c
700x28c700x28c
700x32c700x32c
700x35c700x35c/38c
700x38c

タイヤより太いチューブを入れるのは、ゴムが余ってしまって大変です。しかし「ゴムの伸びが少ないため、肉厚になり、パンクしにくくなる」という理由で、あえてそのような組み合わせにする人もいるようです。
逆のパターンで、タイヤより細めのチューブは入れやすいですね。いずれにしろ緊急時以外はしないほうがよいかと思います。

リムとタイヤのサイズに付いては、ETRTO を御覧下さい。



チューブの素材と厚みについて

自転車 チューブ

一般車から、競技車まで、広く使用されているのがブチルと呼ばれるゴムです。
耐久性も高く、厚みによって、軽量なものから強度重視のものがリリースされています。
■軽量なもので、厚みが0.45mm位
■一般的なもので、厚みが0.95mm位
■強度重視のもので、厚みが1.2mm位
となっています。


自転車 チューブ

ゴムでありながらも、伸縮性に富み、しなやかな乗り心地と定評のあるのが、パナソニックポリテクノロジーのRエア(アールエア)です。
厚みは0.7mm位で、やみくもに軽量を求めるのではなく、走行バランスを考えた逸品です。


よくあるご質問

Q 「チューブをタイヤに入れ る前に空気を入れてみたところ、空気の膨らみ方が均一でなかった。不良品でしょうか?」

Q 「軽量化のため薄 く作られたチューブは、肉厚が完全に均等ではありません。
タイヤに入れない状態で空気を入れると、すこしでも薄い部分が集中して膨らんでしまいます。しかしながらこれだけでは不良品とは判断できません。
チューブはタイヤ の中で膨らむものです。そのときごくわずかな肉厚の違いは、走行性能上影響ありません。
また、パンク箇所 を探すときや、最初にタイヤに入れるときなど、あまり膨らまし過ぎないようにしてください。」

売れ筋チューブはこちら

関連ページ  チューブに関する "お得" 情報はコチラです。


ページの先頭へ