2019.12.13

  • 自転車・パーツの使い方・選び方
  • 自転車の選び方

あさひのママ&パパ整備士が解説します!【キッカーアバンスのココがおススメ!】

自転車と同じブレーキが付いて安心!ママ&パパも操作を教えやすい―西宮キッズ館 藤原店長(4歳 男の子のパパ)

キッカーアバンスの特徴は、なんといってもブレーキ付なところ。自転車と同じつくりの後ブレーキが付いていて、自転車と同じ操作でブレーキをかけることができます。子供の弱い力でもかけやすいように設計されたブレーキが最初からついていることで、キック乗りの上達に合わせて、ブレーキ操作も習得できます。私たち親世代が子供のころ、バランスバイクなんてありませんでしたが…自転車と同じつくりなら、操作を教えてあげるときも困りません。

ブレーキ操作のおススメ練習方法は、地面に線を引き、少し離れたところから線に向かってスタート!パパ&ママの「ブレーキ!」の声に合わせて、線を越えないようにブレーキを使ってピタッとストップします。

お子さんはキッカーアバンスで、親御さんは早歩きで並んで走ると、楽しみながら練習できちゃいます。うちの子も、これで上手にブレーキがかけられるようになりました。先にブレーキングを覚えていたので、その後の自転車の練習もスムーズです。

子供の力で操作しやすいセンタースタンド―藤沢石川店 三澤副店長(3歳 男の子のママ)

公園に遊びに行ってちょっと乗り物を置いておきたいとき、立て掛けられるような場所は意外と少なく、あっても人がいたりして「乗り物、どこに置いておこう?」と困ることがあります。
スタンド付きのキッカーアバンスなら好きな場所に立てておくことができるので、他の遊具で遊ぶ時なども、いつでもそばに置けて安心です!子供にもスタンドをきちんと使い、自転車を丁寧に扱う=物を大切にする気持ちを教えています。

まだまだ体が発達途中にある幼児にとって、スタンドを上げ下げするための操作(片足立ち、車体を支えるなど)は意外と難しいものです。
キッカーアバンスは、子供でも操作しやすいように、スタンドバネの柔らかさにもこだわったつくりをしています。また、車体の中央に付くセンタ―スタンドなので、子供が操作するときも無理な姿勢になりません。

ハンドルがふらつきにくい、自転車メーカーならではのフレーム―大森店 雁瀬副店長(3歳女の子、2歳男の子のママ)

自転車メーカーでもあるあさひが、いずれ自転車に乗り換えるときに、スムーズに移行できるように考えてつくったのがキッカーアバンスです。

一見わかりにくいですが、そのコンセプトはフレーム設計にも。フレーム各部の微妙な角度や長さによって、ふらつかず安定して走れるように設計されています。

たくさんのメーカーがトレーニング用バイクを発売していますが、大きく分けると、乗り心地がマウンテンバイクに近いものと、街乗り用の自転車に近いものの2つに分かれます。キッカーアバンスは後者。街乗り用の、ママが日常使う自転車に近い設計です。まっすぐ進むときにハンドルがフラフラせず、曲がるときにもゆったり大きく回れます。適度な車体重量も安定走行できるポイントです。

キッカーアバンスについて、詳しい商品情報はこちらをチェック!


  • キッカーアバンス
    自転車と同様の安全基準を満たした、自転車専門店ならではのトレーニング用バイク

  • キッカーグランデ
    ペダルやチェーンなどの駆動パーツを後から組み込むことで自転車にチェンジできる、自転車専門店ならではのトレーニング用バイク