日本最大級の自転車通販サイト サイクルベースあさひ

メンテナンスマニュアル

グリップの交換

グリップの交換方法をご紹介します。

現在のグリップを外します。

グリップの交換

  • カッターナイフを使用し、一思いに切り裂いてください。そのとき手を怪我しないようにお気を付けください。

グリップの交換

  • グリップの内側を水浸しにします。
  • パーツクリーナを使用すると紹介してあるものもありますが、溶剤によってはゴムが溶けてしまうため、お勧めしません。
  • ショップの場合、コンプレッサー(圧縮空気)を利用して一気に入れてしまいますが、水を使えばご家庭でもグリップ交換可能です。

  • まれに硬いグリップで、水だけでは取付できない場合があります。またハンドルの表面の加工の具合で少し太くなっていたり、滑りが悪いものも、水だけでははめるのが困難な場合があります。そんな時は、ショップにお持込ください。

グリップの交換

  • ここから先は2通りの方法があります。
  • 1:端っこをとんとん叩いていく。
  • 2:ぐりぐり回しながらねじりこむ。
  • どちらでも構いませんので、はまる方で入れてください。

グリップの交換

  • あと少し・・・・

グリップの交換

  • 完成。ロゴなどで向きがある場合は、左右揃えましょう。
  • つけた直後は水が乾いていないので、多少動きます。最初につけた水分が乾燥すれば、きちんと止まります。
  • ロックオンタイプ であれば、グリップの端をねじで固定しますので、グリップそのものは水などつけなくても、するっと入ります。
  • 慣れない方には、ロックオンタイプ のほうが取付は簡単です。


関連ページ