日本最大級の自転車通販サイト サイクルベースあさひ

サイズに迷ったら

リアディレイラーの選び方(クロスバイク・マウンテンバイク用)

クロスバイク マウンテンバイク リアディレイラー

マウンテンバイク・クロスバイク用のリアディレイラーも沢山の種類があります。


間違えないように、事前にご確認 をお願いします。







変速段数

まず最初に選ぶのが、変速段数です。
2010年にシマノからもリア10段のマウンテンバイク用コンポーネントが発売され、長く続いた 「マウンテンバイクはリア9段、ロードバイクはリア10段」

の時代が終わり、マウンテンバイクも複雑な時代に突入しました。(数年すると、DEORE以上は10段が常識になるのでしょうね。過去の歴史はその繰り返しです。)

クロスバイク マウンテンバイク リアディレイラー

基本的に大は小を兼ねますので、9段用を 8段・7段で使うことは可能です。逆は出来ません。
ただし、10段用は9段で使えません。(2010年6月時点で生産終了となっているモデルを含めますと、もっと複雑ですので、この限りではありません。)



「GS(ジーエス)」 か、「SGS(エスジーエス)」

変速の段数が決まりましたら、次は「GS(ジーエス)」 か、「SGS(エスジーエス)」 です。 その自転車に取り付けられたギア(スプロケット)によって、決まります。

クロスバイク マウンテンバイク リアディレイラー



まずはリアディレイラーの計算しましょう。簡単な足し算と引き算で求めることが出来ます。
リアスプロケットの一番大きいギアの歯数から、一番小さいギアの歯数を引いてください。
たとえば、

  • 最大ギアが34t
  • 最小ギアが11t
の場合、リアディレイラーのキャパシティは 34t - 11t で 23t となります。

クロスバイク マウンテンバイク リアディレイラー

次にフロントのキャパシティです。「フロントギア歯数差 」とも言います。
たとえば、

  • アウターの歯数が44t
  • インナーの歯数が24t
の場合、フロントディレイラーのキャパシティ(フロントギア歯数差)は 44t - 24t で 20t となります。

クロスバイク マウンテンバイク リアディレイラー

23t と 20t を足した 43t が、トータルキャパシティ となります。

クロスバイク マウンテンバイク リアディレイラー

例えば、XTRのリアディレイラー
RD-M970GSのスペックは

対応リア・スプロケット最大34T
対応リア・スプロケット最小11T
フロント・ギア歯数差22T以下
トータル・キャパシティー 33T

RD-M970SGSのスペックは

対応リア・スプロケット最大34T
対応リア・スプロケット最小11T
フロント・ギア歯数差22T以下
トータル・キャパシティー 43T

先程計算したトータルキャパシティが 43t でしたので、この場合は SGS を選んで下さい。

前後にギアのあるマウンテンバイクであれば、SGS が一般的です。 フロントギアがシングルギアや2枚の場合、 トータルキャパシティが 33t 以下になることがほとんどなので、GS を選んだりします。



どっちがノーマル?

次に「トップノーマル」 と 「ローノーマル」 を選びます。
ローノーマルとは、レバーの動きとディレイラーの動きが逆になります。
具体的には、トップノーマルでラピッドファイヤーの親指側を押すと、ギアは軽いギア(大きいギア)に変速しますが、ローノーマルではギアは重たいギア(小さいギア)に変速します。

ややこしいですねぇ。つまり、より軽い力で変速できるということです。しかしあまり普及しませんでした。
外見からは見分けがつきにくいのですが、シフトワイヤーを固定する部分の形状が逆になっています。
これにも、トータルキャパシティによって、GS  SGSの区別があります。

ちなみに、ロードバイクの場合は、全て「トップノーマル」です。また、「ローノーマル」のことを、発売された当時は、「ラピッドライズ」を言いました。

クロスバイク マウンテンバイク リアディレイラー



影に隠れた・・・・

最後に、「シャドーリアディレイラー」をご紹介。
通常のリアディレイラーに比べて、フレームからのデッパリが少なく、オフロード走行中に、岩や木などに引っ掛ける可能性が低くなります。
これにもGS SGS の区別がありますが、トップノーマルのみで、ローノーマルはつくられていません。

クロスバイク マウンテンバイク リアディレイラー


デッパリ具合の比較

クロスバイク マウンテンバイク リアディレイラー

取り付け台座の規格などは、全て統一です。ロードバイクにも取り付けられますが、変速レバーとの規格が合っているというのが条件です。

2010年に発売された、新型XTとLXには、シャドーリアディレイラーのみのラインナップとなっています。



関連ページ