日本最大級の自転車通販サイト サイクルベースあさひ

サイズに迷ったら

サドルのレール

サドル レール 選び方

サドルの下側に付いている2本の棒の事を

  • レール
といいます。
線路と同じく、2本の棒で「レール」

鉄製のものから、樹脂製のものまで様々なものが素材として選ばれています。





スチール製

サドル レール 選び方

多くのサドルに使用されているのが、クロモリをはじめとした、スチール製のレール。
耐久性に優れている上、加工のしやすさからも、一般的な素材の特徴です。



チタン(チタニウム)製

サドル レール 選び方

軽量サドルに多く使われているのが、チタニウム。
内部が空洞の「中空」加工で、より軽量となります。



カーボン製

サドル レール 選び方

多くのサドルに使用されているのが、クロモリをはじめとした、スチール製のレール。

ロードバイクの軽量化に一般的になってきた、カーボンレール
体重が直接関わってくる部分なので、体重制限を設けているモデルもあります。
クランプ部分は補強されているモデルもありますが、取り扱いには、十分な注意が必要です。



kium(キウム)レール

サドル レール 選び方

多くのサドルに使用されているのが、クロモリをはじめとした、スチール製のレール。

フィジークからは、新素材として、kium(キウム)レールが展開されています。


  • 以下、カタログ引用

K:ium(キウム)はfi'zi:kとマテリアル・メーカーとでリサーチとテストを繰り返し完成させたまったく新しいレール素材です。
K:iumレールは、高い割合でシリコンとクロムを含む新しい合金レールで、チタンやカーボン素材と同様に重量比強度に優れたマテリアルで、チタン合金に近い剛性を持ち8%もの重量削減に成功しています。
そして配合されたクロムにより美しい輝きを得て耐腐食性をアップさせています。
fi'zi:kのスタンダード品質と性能を得るために、チューブラー・K:iumレールは長さに見合った厚みを持つ信頼性の高い中空構造になっています。
この新しい素材をサドル・レールに用いるために曲げ工程や装置も新しいものに変更されました。その結果、K:iumレールは、ストレス・テストにおいて標準的なチタン・チューブラー・レールをはるかに超える性能を示し、美しい輝きを持ち耐腐食性の高い、軽くて強いサドル・レールとして発表されました。



中空バノックスレール

サドル レール 選び方

多くのサドルに使用されているのが、クロモリをはじめとした、スチール製のレール。

老舗のサドルメーカー「セライタリア」が採用している、中空バノックスレール
チタンとバナジウムを組み合わせて、強度と軽さを追求しています。



関連ページ