2018.08.28

  • 自転車・パーツの使い方・選び方
  • パーツの選び方

ハブのエンド幅の選び方

オーバーロックナット寸法

オーバーロックナット寸法と聞いてすぐにピンときますか?

ロックナット外面間の距離。

もう少し簡単に言うと、車輪のハブのロックナット外面間の距離を表します。

画像を見ると簡単です。

  • BB (ボトムブラケット)の選び方

リヤエンド幅の種類

現在生産されている完成車において、

  • ロードバイクは 130mm
  • クロスバイクは 130mm 135mm
  • マウンテンバイクは 135mm スルーアクスルのモデルでは142mm
  • ロードバイク

    ロードバイクはリヤエンド幅:130mmが一般的な数値となっていますが、近年のロードバイクディスクブレーキ化に伴い、ロードバイクも135mmが増えています。(スルーアクスル化により、142mmのものも)

    クロスバイク

     
    リヤエンド幅の種類

    クロスバイクについては、タイヤ幅700c×28c以下のロードバイク寄りのタイプは130mm、32c以上では135mmのものが多いですが、必ずしもそうではないため、ホイールを交換する際には、実際に現在使用しているOLD:オーバーロックナット寸法を計測して下さい。中には、132.5mm位にエンド幅が設定されている自転車もあるかもしれません。(シクロクロスバイクに見られることがある)

    マウンテンバイク

     
    リヤエンド幅の種類

    マウンテンバイクは142mmから、近年BOOST(ブースト)規格の148mmが増えてきており、スポークパターンを工夫したより高剛性でワイドリム、つまりグリップ力の高いタイヤを装着できるようになっています。

    フロントハブの種類

    リヤエンド幅の種類
    リヤエンド幅の種類

    フロントハブはロードバイク、マウンテンバイク共に100mmが広く使われていますが、シャフト径20mmのスルーアクスル、BOOST規格のMTBでは110mmです。DAHONや一部小径車では、74mmのものを使用している事もあります。(一部ダウンヒルバイクでは、110mmのものもあります)