2018.08.28

  • メンテナンス・カスタム講座
  • ハンドル・ステム系

バーテープの交換

 

【動画解説】バーテープの交換

メンテナンス工具

  • はさみ

  • ビニールテープ

事前確認事項

※バーテープ交換後ではブレーキやシフトワイヤーの交換が行えないため、事前に長さや状態の確認をしてください

ビニールテープでアウターケーブルを固定

アウターケーブルをハンドルに密着させた状態でビニールテープをブラケット付近からステム側へ巻いていきます。

目隠し用のテープの貼り付け

ブラケットの根本に目隠し用のテープを張り付けます。
※目隠し用テープがブラケットに重なるとブラケットに厚みが出てしまうため余分な部分はカットします。
※ブラケットの根本に巻く目隠し用テープはあらかじめ同梱されてない場合はバーテープの端を切って用意しておきます。

バーテープの巻き始め

ハンドルバーの先端から1cmほど余らせた状態でハンドルバーのエンド部分下側から巻き始めます。

ポイント

バーテープを3分の1程度重ねながら巻いていきます。緩まないよう、エンド側から見て外側から内側に向かって巻いてきます(内巻き)

ブラケット周りの巻き方

ブラケットの根本まで来たら、目隠し用テープを巻き込むようにしながら斜め上方向に引っ張ります。

上ハンドルの肩の部分はアールがきついので、内側はバーテープが半分程度重なるようにします。またバーテープに浮きが出ないようにしっかりと引っ張りながら巻いてください。

バーテープのカット

ステムから5cm程度まで近づいたらバーテープをカットします。

ポイント

更にハンドルバーに対してハサミが垂直になるようにしてバーテープをカットします。

ビニールテープで固定

ハンドルバーに対して巻き終わり部分が垂直になっていれば、ビニールテープで固定をします。

ポイント

バーテープと同じ方向にビニールテープを約2周巻いてください。

化粧テープで固定

ビニールテープが巻き終わったら最後に化粧テープを巻いてください。

ポイント

化粧テープは巻き終わりがハンドルバーの下側になるようにすると見た目も綺麗ではがれにくいです。

目隠し用のテープのカット

余分な目隠し用のテープのカットし、ブラケットカバーを被せます。

エンドキャップの取付け

ハンドルバーのエンド部分に余らせていたバーテープを押し込みながらエンドキャップを差し込みます、エンドキャップにはブランドロゴなどが入っている場合も多いため、その場合はロゴが読めるように差し込みます。

バーテープの重なり具合に問題は無いか、左右で大きく巻き数が異なっていないかを確認して完了です。