2018.08.28

  • メンテナンス・カスタム講座
  • パーツ取付

ボトルケージの取付け

 

【動画解説】ボトルケージの取付け

メンテナンス工具

  • 六角レンチ

  • グリス

事前確認事項

取り付けボルトは、フレームに付いているものをそのまま使っても、ボトルケージ購入時に付属しているものを使ってもどちらでも構いません。ただしボトルケージにボルトが付いているものと、付いていないものがあります。一部のボトルケージの場合、付属しているボルトでないと取り付けできない場合があります。

ボトルケージの取付け

左クランクアームを5mmアーレンキーを使用して、取り外します。片側ずつ一気にボルトを緩めるのではなく、片側を少し緩めたら、もう片側を少しと、均等に徐々に緩めていきます。

六角レンチを使用してフレームボルトを外します。

ボルトのネジ山を綺麗にしグリスを塗布します。※万が一錆びて固着してしまい、外せなくなる場合や、フレーム内への水侵入を防ぐ目的もあります。

ポイント1

フレーム側のネジ穴にもグリスを塗布します。

六角レンチのボールポイント部分でボルトを仮止めします。

ポイント2

フロントディレイラ―のバンドに当たらないように「逃げ」のある設計ならすぺーさーは不要です、逃げが足りない場合や無い場合はフレームついているボルトとスペーサーを利用してください。

仮止めが終わったら、六角レンチのボールポイント部分で均等に締めていきます。その後、六角レンチで本締めします