2019.09.11

  • メンテナンス・カスタム講座
  • タイヤ・ホイール系

クイックレリーズ(クイックリリース)式リアホイールの着脱方法

【動画解説】クイックレリーズ(クイックリリース)式リアホイールの着脱方法


クイックレリーズとは、ハブのクイックレリーズ・レバー操作一つで、車輪の固定・解除が簡単に行える機構です。メーカーや車種により、ブレーキを解放する方法が違います。

ホイールの外し方

変速位置をリアトップのギアに変速する

ブレーキを解放する

【Vブレーキ】
両手で左右のアームを内側に寄せ、インナーリードを外します。
【キャリパーブレーキ】
ブレーキのクイックレリーズレバーを上に上げます。

ホイールを外す

レバーをフレームと反対側に倒し込みます。
リアホイールはフロントフォークに付属するホイール脱落防止爪がないため、レバーを緩めればすぐに外すことが可能です。
コツは、リアホイールは手で地面に押さえつけ、サドル後部を持ち上げるとホイールが外れます。
リアホイールを外したら、そのまま自転車を地面に置くと、変速機が破損したり曲がる恐れがあるため、逆さにするか、メンテナンススタンドに固定してください。

ホイールのはめ方

上側と下側のチェーンの間にスプロケットをくぐらせ、チェーンをトップギアに掛けます。

【ポイント】
この位置関係が非常に重要です。

 
この時、クイックレバーを回して固定はしないでください。
レバーを回転させただけでは、ホイールは十分な力で固定できません。
クイックリリース反対側のナットを回せないところまで締めこんだら、車体が傾いていないことを確認して、手のひらでクイックレバーをフレーム側に倒します。その際、手のひらにクイックレバーの跡が残る位の力が目安です。
固すぎてクイックレバーが倒れない場合は、反対側のナットを1/4程度緩めて再度レバーを倒します。 その時、レバーのCLOSEと書いてある側が自転車の外側を向いており、シートステー、又はバックフォークに沿わせて締めこむのが基本です。

クリアランスの調整

リアのフレームとタイヤの間に指を入れ、クリアランスを確認。左右均等でなければ、均等になるように調整します。
指を入れて確認します。

ブレーキの設定

【Vブレーキ】
ブレーキ本体の左右アームを握り、インナーリードをホルダーにひっかけます。
【キャリパーブレーキ】
ブレーキ本体のクイックレリーズレバーを下に向けます。
ブレーキがきちんと効き、ホイールを回転させ、各部品がリムやタイヤに干渉していないかを確認して終了です。