2018.08.28

  • メンテナンス・カスタム講座
  • タイヤ・ホイール系

タイヤチューブの交換

【動画解説】タイヤチューブの交換

メンテナンス工具

  • タイヤレバー

    タイヤレバー

  • 空気入れ

    空気入れ

タイヤ・チューブの取外し

空気を抜く

  • タイヤ・チューブの外し方

まずバルブキャップを外して、バルブのネジを緩めて空気を抜きます。続いてリムナットを緩めて外します。

タイヤレバーを差し込む

  • タイヤレバーを差し込む

続いて、バルブの反対側から1本目のタイヤレバーを差し込みます。タイヤを奥に押し込み、レバーを差し込んでから、レバーを起こします。

  • タイヤレバーを差し込む

2本目のタイヤレバーを1本目のすぐ横に差し込んで、レバーを起こします。その横に3本目があれば入れますが、ない場合は2本目を外して、その横に入れてください。

タイヤのビードを外す

  • タイヤのビードを外す

レバーを外してもタイヤがリムに戻らなければ、レバーを移動させ、一気にタイヤの片側のビードを外します。

  • タイヤのビードを外す

片側のビードが外れたら、タイヤとチューブを持ち上げてホイールから外します、タイヤとチューブが外れない場合は、先にチューブを抜き、後からタイヤを外します。しばらく外していないチューブの場合、タイヤの裏側にへばりついていることがあります。無理やり引き剥がずに、少しずつはがします。チューブを取ると、反対側のビードは簡単に外れます。

リムテープの確認

  • リムテープの確認

リムテープがずれて、ニップルホールが見えていないか、痛んで穴等が開いていないか確認してください。ロードタイヤの場合は、とても高い圧力が掛かっているので、ニップルホールのエッジにリムテープが食い込んでいる場合があります。リムテープの寿命はモデルや使い方によっても異なりますが、1年に1回くらい交換しておくと安心です。

タイヤ・チューブの取付け

タイヤの進行方向を確認する

  • タイヤの進行方向を確認する

タイヤによっては進行方向が決められているものがあります。タイヤサイドを確認し、表示されている場合は守りましょう。

タイヤのロゴとバルブ位置を合せる

  • タイヤのロゴとバルブ位置を合せる

タイヤのロゴとバルブの位置をあわせてください、見た目を綺麗にするだけではなく、パンクした時に異物が刺さっている場所がわかれば、チューブを外したときに、バルブの位置も想像出来るようにするためです。

  • タイヤのロゴとバルブ位置を合せる

バルブからチューブをはめていきます。まだリムナットは取り付けしません。

チューブをリムの中に入れる

  • チューブをリムの中に入れる

チューブを入れるときは、バルブを中心に左右から同じようにはめていきます。チューブに軽く空気を入れますが、入れすぎるとチューブが長くなって入れにくくなります。

タイヤのビードをはめる

  • タイヤのビードをはめる

バルブの反対側からビードをはめていきます、外す時とは逆向きにし、タイヤとリムの間に入れます。はまっていない部分の端から入れていきます。常にバルブを中心にして、左右から均等にはめていきます。どうしても素手ではまらない場合は、タイヤレバーを使いますが、タイヤレバーでチューブをかみこむリスクが高くなるため、極力工具を使わずに入れてください。

  • タイヤのビードをはめる

バルブの部分が挟まっていた場合、バルブを押し込むと簡単にはまります、バルブの部分であれば、押しこむことで簡単に噛み込みは修正できるというのも、バルブを最後にはめる理由の一つです。その後、リムナットを指で取り付けますが、チューブの破損を防ぐため、工具を使用して締め込まないようにご注意ください。

  • タイヤのビードをはめる
  • タイヤのビードをはめる

タイヤサイドに表示されている指定空気圧を入れます。最後に、きちんとバルブを締め、キャップをしたら完了です。