2021.07.14

豊中市との自転車活用推進に関する連携協定の締結について

2021年1月に豊中市が策定した「豊中市自転車活用推進計画」に基づき、自転車活用の推進に協働して取り組むため、大阪府豊中市と当社は2021年7月13日に自転車活用推進に関する協定を締結しました。
左:株式会社あさひ代表取締役 下田 佳史  右: 豊中市長 長内 繁樹

同協定に基づき、脱炭素社会の実現や市民の健康づくりのために、自転車の安全利用の啓発活動やシェアサイクルの推進、自転車利用の促進などを連携して取り組みます。

①自転車利用促進等の啓発に関すること
●豊中市民を対象に自転車の利用促進(自転車の楽しさ・気持ちよさ・健康への効果を説明)や安全利用(正しい自転車の乗り方、自転車走行のルール・マナー及び整備方法等)の啓発イベントや教室を開催
●豊中市が実施する交通安全フェア等様々なイベントに、あさひがブース(啓発場所)やコーナー(啓発時間)を設け、自転車の利用促進・安全利用啓発を実施
●豊中市のホームページ等、様々なメディアを通じ自転車の利用促進や安全利用を啓発
●自転車購入者に対し、利用促進や安全利用を啓発

②豊中市民・職員の自転車通勤の促進に関すること
●「自転車通勤の手引き」の作成

③シェアサイクルの推進に関すること
●シェアサイクルポートの増設
●シェアサイクルの利用啓発

④散走の推進に関すること
●豊中市が実施する散走ルートづくり、教室の開催、ネットワークづくりに協力する

⑤交通安全教育・啓発の推進に関すること
●豊中市等が実施する交通安全教室に協力する

⑥災害時における自転車活用の推進に関すること
●災害時の帰宅者に対し可能な支援を行う


サイクルベースあさひ桜塚店(豊中市)の店頭で、豊中市のマスコットキャラクター「マチカネくん」と共に記念撮影

今後もあさひは、自転車の新しい価値創造企業として、自転車がより安全・快適に利用できる環境づくりに協力しながら、持続可能な社会に貢献してまいります。

 

お知らせ一覧へ