2021.11.11

大阪府豊中市北部でエリア拡大 シェアサイクル「HELLO CYCLING」 市内計75か所でサービス展開

2021年11月12日(金)より大阪府豊中市で導入しているシェアサイクル「HELLO CYCLING(ハローサイクリング)」を、大阪空港、エトレ豊中(阪急豊中駅前)、市立豊中病院など市内北部エリアにも新たに17か所拡大します。これにより豊中市内でのサービスの展開は合計75か所となりました。
当社は、2021年7月に同市と締結した「自転車活用推進協定」に基づき、脱炭素社会の実現や市民の健康づくりのために、シェアサイクルの普及など自転車活用の推進に協働して取り組んでいきます。

豊中市との自転車活用推進に関する連携協定の締結について
 
シェアサイクル・ポート(あさひ緑ヶ丘店)


シェアサイクル・ポート(エトレ豊中)

豊中市では、まちの活性化及び健康増進等の効果が期待され、また公共交通網の弱い東西への移動を補強する役割を期待し、あさひが運営するシェアサイクル「HELLO CYCLING(ハローサイクリング)」を導入する実証実験を2019年11月1日より実施しています。
既に中南部エリアでは、阪急岡町駅、曽根駅や服部緑地公園内、クリーンランドや豊島体育館など、駅前と主要施設を結ぶ交通手段として、多くの方にご利用いただいています。
今後もあさひは、自転車が二次交通網の強化及び観光の活性化を担う移動手段として、自転車を活用した様々な取り組みを実施していきます。
コロナ禍における密を避けた移動手段として自転車は注目されております。新生活様式にあったサービスであるシェアサイクル「HELLO CYCLING(ハローサイクリング)」を、ぜひご活用ください。
今後もあさひは、魅力的な商品開発や新サービスの展開を通じて自転車の新しい価値創造企業を目指し、持続可能な社会に貢献できるように取り組んでまいります。
 

【豊中市内ステーション設置場所】
■北部
大阪空港、エトレ豊中(阪急豊中駅前)、市立豊中病院、蛍池公園、柴原体育館、羽鷹池公園、サイクルベースあさひ豊中緑丘店ほか 既設4か所 計21か所に設置
■中南部
豊中市役所、サイクルベースあさひ桜塚店、阪急岡町駅、阪急曽根駅、阪急服部天神駅、阪急庄内駅、北急緑地公園駅、服部地緑地公園ほか 計54ヵ所に設置

■シェアサイクルとは? 
さまざまな場所に設置してある「シェアサイクル・ポート」で、自転車を好きなタイミングで、好きな時間使うことができるサービスです。
今回導入するサービスでは、OpenStreet(オープンストリート)株式会社(東京都港区)が提供しているIoTを活用した自転車シェアリングシステム「HELLO CYCLING(ハローサイクリング)」です。

▽「HELLO CYCLING」については、webサイトをご覧ください。

www.hellocycling.jp
 

お知らせ一覧へ